Android(アンドロイド)特集記事

2010/11/6 Android(アンドロイド)特集記事

【GALAXY S 特集】 第1回 : 『GALAXY S』のここがすごい!

2010年10月28日、満を持してSAMSUNG(サムスン)製端末『GALAXY S(SC-02B)』がNTTドコモより発売されました。
HT-03Aから始まる日本のAndroid端末史上において、最もハイスペックな機種となっています。
既に世界では同型機種が500万台以上も販売されており、その性能は折り紙つきです。

本日よりオクトバでも『GALAXY S』の集中特集を組んでいきます。
第1回の今日は、マシンスペックや他機種との比較をしてみたいと思います。



外観

『GALAXY S』は約4.0インチの「SUPER AMOLEDディスプレイ」を備えたフラット型の端末です。
ディスプレイ解像度は480×800px。写真では伝わりきらないかもしれませんが、画面は非常に鮮明です。
もちろん、マルチタッチにも対応しているので、ピンチイン/アウトでの画面の拡大/縮小が行えます。
【GALAXY S 特集】 第1回 : 『GALAXY S』のここがすごい!

ディスプレイ下には物理ボタン1つと、タッチセンサー式のボタンが2つ搭載されています。
左から、「menuボタン」「ホームボタン」「戻るボタン」です。
タッチセンサー式の2つのボタンの感度も非常に良くストレスなく使えます。
【GALAXY S 特集】 第1回 : 『GALAXY S』のここがすごい!

サイドには、左に音量調節ボタン、右に電源ボタンが配置されています。
上部には、microUSBコネクタとイヤホンジャックの挿入口があります。
【GALAXY S 特集】 第1回 : 『GALAXY S』のここがすごい!

背面にはカメラとスピーカーが備わっています。
黒字に輝く『GALAXY S』のロゴもクールです。
【GALAXY S 特集】 第1回 : 『GALAXY S』のここがすごい!

他のAndroid端末と比べてみました。
サイズはほぼ同じですが、Xperiaに比べて薄さを感じます。特に持ってみた場合の実際の感覚が違います。
(画像左から『GALAXY S』『HTC Desire』『Xperia』)
【GALAXY S 特集】 第1回 : 『GALAXY S』のここがすごい!

Androidのライバルと言われるiPhoneとも比較してみました。
『iPhone』のほうが一回り小さいですが『GALAXY S』は丸みがあり手にフィットするため、持ったときの感覚では個人的に『GALAXY S』に軍配があがりました。
(画像左から『GALAXY S』『iPhone 4』)
【GALAXY S 特集】 第1回 : 『GALAXY S』のここがすごい!

さらに、『GALAXY S』は約118gと他の端末に比べ非常に軽くなっています。(『iPhone4』約137g 『HTC Desire』約135g)
数字だけをみると20g前後の違いしかありませんが、実際に手に持って比べてみると『GALAXY S』の軽さには驚かされます。
長時間使用する際には、この体感重量の違いは大きく影響しそうです。

特徴

【Android OS 2.2 (Froyo)】
(Android2.2(Froyo)については、こちらの記事で詳しく紹介していますのでご参照ください。)

国内で販売されている『GALAXY S』は、出荷時からAndroid2.2(Froyo)を搭載しています。(国際版は2.1を搭載)
Flash10.1に完全対応していることは、その大きな特徴です。

これにより、PCで利用されているFlashの大半が再生できるようになりました。
Flashで動画が提供されているニコニコ動画も画像の通り再生できます。
ディスプレイの性能も相まって、非常に鮮明な動画を楽しむことが出来ます。
【GALAXY S 特集】 第1回 : 『GALAXY S』のここがすごい!

【単体でのスクリーンショットの撮影が可能】
『GALAXY S』には、画面に写っているものを、そのまま画像として保存する機能が備わっています。
これまではスクリーンショットを撮影するためにはPCに接続する必要が基本的にありましたが、『GALAXY S』は端末単体での撮影が可能となっています。

過去のオクトバの記事内の画像の多くに、PCとの接続を示すアイコンがステータスバーに表示されていました。
しかし、『GALAXY S』では単体での撮影が可能であるため、そのマークがありません。
スクリーンショットの使い方は、「ホームボタン」と「戻るボタン」の同時押しです。慣れるまでは少しタイミングが難しいかもしれませんが、画面をメモしておきたい時などに非常に役立ちます。
【GALAXY S 特集】 第1回 : 『GALAXY S』のここがすごい!

【ステータスバーの機能拡大】
ステータスバーを展開すると、上部に5種類の切り替えボタンが表示されています。
Wi-FiやGPSなどのON/OFFをここで切り替えることが出来ます。
【GALAXY S 特集】 第1回 : 『GALAXY S』のここがすごい!

【カメラ】
ハイビジョン録画/再生に対応した、5Mpxのオートフォーカスカメラを搭載しています。
ディスプレイの性能が良いことが手伝い、撮影した画像はとても綺麗に確認できます。
【GALAXY S 特集】 第1回 : 『GALAXY S』のここがすごい!

連射などの撮影モード切り替えや、シーン撮影モード、顔認識などの機能も用意されています。
【GALAXY S 特集】 第1回 : 『GALAXY S』のここがすごい!

【GALAXY S 特集】 第1回 : 『GALAXY S』のここがすごい!

【文字入力】
『GALAXY S』には、標準で3つのキーボードが搭載されています。
中でも特徴的な2つのキーボードをご紹介します。

・「Samsung日本語キーボード」
QWERTY配列とケータイ配列を切り替えることができるキーボードです。
ケータイ配列ではフリック入力に対応しています。
【GALAXY S 特集】 第1回 : 『GALAXY S』のここがすごい!

・「Swype」
Swype入力が行えるキーボードです。
残念ながら日本語には対応していませんが、英文入力に関しては慣れると驚くべき速さを誇ります。
【GALAXY S 特集】 第1回 : 『GALAXY S』のここがすごい!

(Swypeについてはこちらの記事をご参照ください。)

【タスクマネージャ】
『GALAXY S』には、タスクマネージャアプリがプリインストールされています。
また、ホームボタンを長押しし「最近使用したアプリ」一覧を表示させ、そこからタスクマネージャを起動させることができます。
【GALAXY S 特集】 第1回 : 『GALAXY S』のここがすごい!

タスクマネージャでは、起動中のアプリの確認/終了や、メモリの開放などが行えます。
【GALAXY S 特集】 第1回 : 『GALAXY S』のここがすごい!

【GALAXY S 特集】 第1回 : 『GALAXY S』のここがすごい!

その他

この他、『GALAXY S』の特徴は以下の通りです。

  • 内臓16GB大容量ストレージ(実質13GB前後)
  • Bluetooth3.0対応
  • 無線LAN規格IEEE802.11b/g/n対応
  • 携帯電話として世界初のDivX HD認証

まとめ

使いやすさはもとより、どれをとっても現行の国内Android端末最高クラスです。
ワンセグ等の国内向けのサービスの多くには対応していませんが、自信を持っておすすめしたいと思います。

【GALAXY S 特集】、次回はプリインストールアプリについてご紹介したいと思います。







関連記事




タグ: , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る