Android(>アンドロイド)ニュース

2010/11/8 Android(アンドロイド)ニュース

株式会社NTTドコモは11月8日、ドコモスマートフォンの1つとして「LYNX 3D SH-03C」を発表した。
3D対応の3.8インチASV液晶を搭載し、専用メガネなしで3D映像を楽しむことができる。
また、おサイフケータイ、赤外線通信、ワンセグなどガラパゴス的機能も備える。



「LYNX 3D SH-03C」は、裸眼3D表示に対応したシャープ製のAndroid端末。
3D対応コンテンツは、ドコモマーケットおよびシャープのWebサイトで配信される予定。

特徴

  • Android 2.1搭載
  • 専用メガネなしに3D映像を楽しむことが可能。「ワンタッチ3D変換」により静止画を3D変換し、立体表示させることも可能
  • 赤外線、おサイフケータイ、ワンセグを搭載
  • 覗き見を防止する「カラーベールビュー」機能を搭載
  • 960万画素のCCDカメラを搭載し、HD動画撮影も可能
  • 顔検出や名刺読取などの多彩なカメラ機能

カラーバリエーションはPure White/Ink Black/Fairy Blueの3色。

なお、Android 2.1での出荷となるが、2011年春にAndroid 2.2へのバージョンアップが予定されている。
また、発売時期は2010年12月となっている。

スペック

  • 寸法 高さ 約123mm×幅 約62mm×厚さ 約13.4mm
  • 質量 約140グラム
  • 3G連続待受時間(静止時[自動]) 約410時間
  • 連続通話時間(3G/GSM) 約270分/
  • メインディスプレイ(サイズ/ドット数・通称/種類/発色数) 約3.8インチ/横 480ドット×縦 800ドット・ワイドVGA/NEWモバイルASV液晶/65,536色
  • 外部メモリー(最大対応容量) microSD(2GB)/ microSDHC(32GB)
  • 外側カメラ機能(有効画素数/記録画素数) 顔優先AFCCDカメラ(約960万画素/約950万画素)

【参考資料】
LYNX 3D SH-03C (ページ削除済み)
2010-2011冬春モデルに28機種を開発および一部機種を発売







関連記事




タグ: , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る