スケッチ効果 : 写真をスケッチ画風に加工!Androidアプリ1183

 

今回は撮影した写真を簡単にスケッチ風の画像に加工するアプリ、『スケッチ効果』をご紹介します。

このアプリを使うことで、写真をまるで鉛筆で書いた絵のようにすることができます。

アプリの特徴
  • 写真を鉛筆で書いたようなスケッチ画風に加工
  • 1タップで作業は終了
  • 加工した画像は他のアプリとの共有が可能
スケッチ効果
価格:無料
開発:roidstudio


アプリの起動画面です。
タイトルが表示されたのち、サンプルの女の子のイラストが表示されます。

左上のカメラボタンをタップすると、写真の取り込み方法を選択する画面になります。
「camera」をタップするとカメラが起動し、元となる写真を撮影します。
「phone」からは端末かSDカード内に保存された画像を選択します。

カメラを起動しています。
端末のカメラ機能を利用しているので機能はそのまま使えます。例えば、LYNXではフォトライトや顔認識などが使えました。

画面右下の「保存」をタップすると自動的に画像の変換が始まります。

画像の加工が終了しました。
まるで鉛筆で書かれたスケッチ画のようになっています。
画面左下にあるフロッピーのボタンをタップすることで、SDカード内に加工された写真を保存します。

また、画面下部中央及び右側のボタンを押すと、画像を他のアプリと共有する画面となります。
メールボタンとFacebookボタンに分かれていますが、どちらも同じ働きをします。

鉛筆で書いたスケッチのような趣のある写真が作れる本アプリ、ぜひ使ってみてください。
基本的に色の濃い部分を黒に、薄い部分が白に変換されるので、そこを少し意識して写真をとってみると面白いと思います。




スケッチ効果
価格:無料
開発:roidstudio





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名スケッチ効果
対応OS
バージョン1.15
提供元roidstudio
レビュー日2010/10/12
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者