Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2010/12/9 コミュニケーション

今回ご紹介する『IMEasy メッセンジャー』は、AIM、MSN、Yahoo! Messenger、Google Talk、Facebook Chat、といった人気のインスタントメッセンジャー(以下IM)サービス5つを同時に利用できるアプリです。

多様なサービスが普及していく中で、仕事やプライベートでIMを使い分けている方もいらっしゃると思います。
本アプリを使えばそれぞれのサービス毎にアプリを切り替える必要がなくなり、かつ簡単にIMを使いこなすことが出来ます。

このアプリは2012年2月2日現在、Androidマーケットから削除されています

アプリの特徴

  • AIM、MSN、Yahoo、Google、FacebookのIMサービスを同時に利用できるアプリ
  • コンタクト(連絡先)は自動で読み込み
  • マーケットからテーマのダウンロードが可能


アプリを起動するとアカウントタブに5つのIMが一覧で表示されます。
それぞれのサービス名をタップしてログインIDとパスワードを入力し、その右側にあるログインボタンをタップすればログインは完了です。

ログインが完了すると自動的にアカウントタブから連絡先タブへ移動します。
ここではコンタクトリストのログイン情報をチェックすることが出来ます。
本アプリの特徴として、複数のサービスでログインしている場合、連絡先タブにはその全てのサービスにおけるコンタクトリストが一括で表示されます。

menuは、アカウントタブ、連絡先タブの両画面で共通になっています。

menu>「状態を設定する」を選択すれば、各サービスでの自分自身のログイン情報を変更することも出来ます。
サービス別で設定できるので、仕事で使っているサービスは「利用可能」に、その際プライベートで使っているサービスは「仕事中」にするなど使い分けることが出来ます。
ムードメッセージもこの画面で入力できます。

アカウントタブからも自分自身のログイン情報を確認できます。
サービス名の左に表示されているランプがその状態を表しています。
青く点灯しているアカウントがオンライン、赤が「取り込み中」、灰色のアカウントはオフラインの状態です。
ログイン済みのアカウントの右端にはサムネイルも表示されるので一目でログイン状態を確認できます。

また、アプリ起動中はステータスバーにもログイン中のアカウント数が表示されます。
表示/非表示は設定で切り替えることも可能です。

menu>「設定」からは本アプリの各種設定が行なえます。
フォントの色や背景色、会話を吹き出しのように表示させる「チャットバブル」の設定などが出来ますが、より自分好みのアプリにするために欠かせないのが「テーマ」の設定です。
「テーマ」をタップすると、テーマ(デザイン)の選択が出来ます。テーマを新しくダウンロードする場合は「その他のテーマを取得!」ボタンを押してマーケットへジャンプしてください。
今回は『Easyroid Theme : Pink』というテーマをダウンロードして設定してみました。

チャットを開始する際は、連絡先タブからオンラインのコンタクトをタップします。
また、チャットを開始するとそのコンタクトは連絡先タブの「現在進行中」の一覧に表示されるようになります。
全てのIMサービスのコンタクトが1画面に表示されることは先にもご紹介しましたが、それぞれがどのサービスでログインしているのかもコンタクト名の右端を見れば一目瞭然です。
IMEasy メッセンジャー

各コンタクト名の長押しで表示されるメニューからは、会話を開始/終了させたり、「名前を変更」をタップしてコンタクトの表示名をアカウント名からニックネームに変更することも出来ます。
IMEasy メッセンジャー

チャット画面で端末のmenuボタンを押すと、相手の画面に振動しているような挙動を起こさせる「シエーク」や、「顔文字を追加する」などのメニュー項目が開きます。

Google Talkなど特定のIMサービスを利用できるアプリは多くありますが、1つのアプリで5つものIMサービスを同時に使える本アプリには驚きです。
Android端末で軽快にIMを利用したい方におすすめのアプリです。





QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 IMEasy メッセンジャー
価格 無料
バージョン 1.21
デベロッパー名 Easyroid
レビュー日 2010/11/05


関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る