Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2011/01/4 ツール

『MessagEase』は、フリック入力に似た入力メソッドを持つキーボードアプリです。

斜め方向にも文字が対応しており、文字の配置が従来のフリック入力とは異なっています。
『MessgEase』で高速にテキストを入力する練習ができるゲーム『MessagEase Game』もマーケットに公開されているので、楽しみながら使い方を覚えることが出来ます。

アプリの特徴

  • 斜めのフリック入力が行えるキーボードアプリ
  • 日本語はカタカナのみ対応
  • 特許を用いた技術で高速のテキスト入力を達成

MessagEase
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


アプリを立ち上げると、『MessagEase』の設定画面が開きます。

『MessagEase』の基本的な操作は「How Does It Work?」や「FAQ」に詳しく説明されています。写真付きで分かりやすく書かれています。

<文字入力>
さっそく『MessagEase』を使ってみます。
従来の英字キーボードと比べて画面上のキーの数は9個と非常に少なく、ひとつひとつのボタンが大きいのが特徴です。

黄色で大きく表示されている文字は、そのままキーをタップすれば入力できます。

小さく表示されている文字の入力は、表示されている方向にフリックすれば入力が行えます。
例えば、「d」を入力するには「o」のボタンを下方向にフリックします。

数字や特殊な記号の入力も同様のフリック入力で行えます。

<言語選択>
『MessagEase』で利用する言語を切り替えたい時は、右上にある指のアイコンを長押ししてから「Select Language」を選択します。
現在対応している言語は、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、ヘブライ語、ペルシア語、アラビア語、日本語(カタカナのみ)です。

前述のとおり、カタカナのみであるものの日本語の入力も行えます。
通常の日本語キーボードと比べて使いやすいと思うかは個人差がありそうですが、キーの配置や斜めのフリックは新鮮な感じがします。

<設定>
設定はmenu>「言語入力とキーボード」ではなく、ドロワーからアプリを起動して行います。
フリック距離、自動キャピタライズなどについてカスタマイズ可能です。

<ゲーム>
別途、マーケットからダウンロードする『MessegEase Game』を使って、楽しみながらキーの入力方法を覚えることが出来ます。
レベルを選択できるので、慣れたらどんどん難易度を上げていきましょう!

斜めフリックも慣れてくると、非常に高速に入力できるようになります。
どれほど早く入力できるかは、以下の公式の動画を御覧ください。動画はiPhoneアプリのものですが使い方は同じです。

いかがでしたでしょうか。
さまざまな入力方法のキーボードアプリがありますが、斜め方向のフリック入力は新鮮です。ぜひ一度お試しください!





MessagEase
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 MessagEase
価格 無料
バージョン 2.0.2
デベロッパー名 Exideas
レビュー日 2010/12/18


関連記事




タグ: , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る