Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2011/01/5 ツール

『グーグルカレンダーの予定一覧ウィジェット』は、その名の通りGoogle カレンダーに記入したスケジュールを表示してくれるウィジェットです。

非常に軽量でシンプルなアプリです。色や書式などを自由に変更できるのもポイントです。

アプリの特徴

  • Google カレンダーの予定をシンプルに表示するウィジェット
  • 背景色やフォントの色、日付の書式も細かく指定
  • ウィジェットのサイズは5種類

グーグルカレンダーの予定一覧ウィジェット
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


まずは、アプリを起動してウィジェットの設定を行います。
「起動設定(タップ時に起動できるアプリ)」「カレンダー選択」「場所(場所表示の有無)」「背景の表示」「フォント色」を設定できます。

「起動設定」にアプリを指定すると、ウィジェットをランチャーのように使用することが出来ます。
この機能を利用したい方は、アプリを一覧から指定して「シングルタップ」をONにしておいてください。ここでONにしない場合、ウィジェットをタップするとメニューが表示されます。これについては後ほどご紹介します。

続いて、表示するカレンダーを選択します。
ここで設定をしないと、全てのカレンダーの内容が表示されます。

背景は白と黒、文字は12色から選ぶことが出来ます。文字についてはカレンダーごとに色を選択できます。
最後に場所と日付の書式を設定して終了します。下の画像は日付の書式設定の画面です。このように、本アプリでは書式をかなり細かく設定できます。

アプリで設定を終えたら、ウィジェットを設置しましょう。
表示方法は至ってシンプルです。日付や内容をズラッと簡単に並べてくれるので、内容をサクッとチェックしたいという用途に向いていると思います。

ウィジェットのサイズは、1×2、1×3、1×4、2×2、2×4の5種類から選択できます。
ホーム画面の空き具合と表示するカレンダーの量や内容に合わせて、好みのものを選択してください。

ウィジェットをタップすると、先ほど設定したアプリが起動します。
ここで、先ほどの「シングルタップ」の設定をしていないと、下の画像のようにメニュー画面が起動します。この中の「ウィジェットの表示を更新」と「設定」が利用頻度が高いので、「シングルタップ」はOFFにしておくのが良いかもしれません。

いかがでしたでしょうか。
本アプリの売りは、何といってもそのシンプルさと動作の軽さだと思います。予定の同期を非常にスムーズに行い、それに加えてフォントや日時の書式など表示方法も自由度が高いアプリです。





グーグルカレンダーの予定一覧ウィジェット
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 グーグルカレンダーの予定一覧ウィジェット
価格 無料
バージョン 0.3.1
デベロッパー名 fukuchiana
レビュー日 2010/12/13


関連記事




タグ: , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る