【ニュース】ソニー・エリクソンがAndroid 2.3を搭載した「Xperia arc」を発表

 

米国時間1月5日、ソニー・エリクソンは新型Android端末「Xperia arc」を発表した。
現在NTTドコモより販売されている「Xperia(SO-01B)」の後継機であり、出荷時にはAndroid 2.3を搭載する。

「Xperia arc」はその名のとおり、弧(arc)を描いたデザインが特徴的なAndroid端末。厚さが最薄部で8.7ミリ、重さが117グラムと薄型軽量モデルとなっている。
アメリカで開催中の「2011 International CES」の会場にて公開された。
2011年第1四半期以降、日本を含む各地域で販売される。日本国内のどのキャリアから発売されるかは現在不明。

【現在公開されている主なスペック】

  • Android 2.3搭載
  • 4.2インチ、マルチタッチ対応液晶を搭載
  • 1GHzのQualcomm製CPUを搭載
  • 「Mobile BRAVIA Engine」を搭載
  • 8.1メガCMOSカメラを搭載
  • HDMIコネクタ搭載

【紹介動画】

【情報元】
Sony Ericsson -Press News







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者