Android(>アンドロイド)ゲーム

2011/01/16 アクション / スポーツ, 有料ゲームアプリ

『Raging Thunder 2』は、自分好みにカスタマイズした車でレースを勝ち抜いていくハイスピードレーシングゲームです。

本アプリは、前作『Raging Thunder』の2作目にあたります。
ハイエンド端末の能力をフルに使用した美しいグラフィックもさることながら、自分のお気に入りの車をカスタマイズできるという自由度の高いゲームです。大会で賞金を稼ぎ、自分好みの車を作っていく楽しさを皆さんもぜひ味わってみてください!

アプリの特徴

  • グラフィックが美しいレーシングゲーム
  • レースで賞金を獲得し愛車をカスタマイズ
  • 多彩な1人プレイモードに加えオンライン対戦のモードもあり

Raging Thunder 2
価格:$4.99

AppStore_Badge_JP_135x40


タイトル画面です。

本アプリには、全国のユーザーとタイムを競い合う「MULTI PLAYER」と、1人で楽しめる「SINGLE PLAYER」の2つのモードがあります。
「MULTI PLAYER」モードでは、ゲーム中は常にネットワークに接続しておく必要があります。

「SINGLE PLAYER」モードには、さまざまなコンテンツが用意されています。

  • 「TIME ATTACK」:各コースでより速いタイムを目指すモードです。クリアしていくとプレイできるステージが増えていきます。
  • 「SURVIVAL」:AIと一緒にレースを行い、ラップ毎に最も遅かったものから退場となるデスマッチです。
  • 「CAREER MODE」:レースに出場し、賞金を稼ぎながら自分の車をカスタマイズしていく大会モードです。
  • 「INSTANT RACE」:短い時間で遊びたい時向きのモードです。ステージ、車がランダムで選択されます。
  • 「SINGLE RACE」:純粋にレースを楽しむモードです。賞金やペナルティなどがないので練習に最適です。
  • 「ARCADE」:全てのステージを走り抜くアーケードモードです。制限時間が0になるとゲームオーバーです。

今回は「CARRER MODE」をご紹介します。
まず、出場する大会を選択します。最初は1つしか参加できませんが、入賞すると次の大会に出場できるようになります。また、入賞すると大会の右上に金・銀・銅のメダルが表示されます。

大会を決定すると準備画面に移ります。「START NEXT STAGE」でレーススタートです。
コース数は画面左上に表示される数だけあります。今回は2つのコースを走る様です。
「GARAGE」では、自分の車を自在にカスタマイズできます。しかし、ゲーム開始直後は資金が不足しているので大会で賞金を稼ぐ必要があります。

レースがスタートする前に使用する車を選択します。車ごとにスピードや車体の頑丈さなどが異なるので、幾つか試してみて自分に合った車を選んでください。
車のステータスは右上に表示されます。

それではレーススタートです!レースの様子はプレイ動画をご覧ください。

レース中に拾ったお金や大会での賞金を使い、新たに車を購入したりカスタマイズすることが出来ます。
より高価な車ほど初期のステータスが高いので、ドンドン賞金を稼いで最高の車を購入しましょう!

所有している車にはさらに良いパーツを購入する事でステータスを上昇させることが出来ます。
カスタマイズできるのは、「ボディー」「エンジン」「ホイール」「ウィング」の4種類です。ボディーやウィングはそのまま外見に反映されるので、見た目にも楽しめます。

美しいグラフィックだけでなく、自分の車をカスタマイズできるという点がレーシングゲーム好きの心をくすぐるアプリとなっています。手軽にハイクオリティなレーシングゲームを遊びたい方にもおすすめです。
なお、本アプリには無料版の『Raging Thunder 2 Lite』もありますので、気になった方は試しにプレイしてみてください。





Raging Thunder 2
価格:$4.99

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 Raging Thunder 2
価格 $4.99
バージョン 1.0.9
デベロッパー名 polarbit
レビュー日 2010/12/22


関連記事




タグ: , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る