Android(>アンドロイド)ニュース

2011/03/7 Android(アンドロイド)ニュース

【ニュース】 Google、マーケットで配布されたマルウェアアプリの対策を発表、遠隔削除など

3月5日、GoogleはAndroidマーケット上で配布されたマルウェア(悪意のあるソフトウェア)を含むアプリを発見し、削除する措置をとったと発表した。
以前より各種セキュリティソフト会社などが報じていたが、このたびGoogleがGoogle Mobile Blog上で正式に発表した。



問題となっているアプリは、既知のAndroidの脆弱性を利用し、端末の情報を盗み出すというものだった。
この脆弱性はAndroid 2.2.1以前のバージョンのもので、Android 2.2.2以降のバージョンには存在しない。

Googleは以下の対策を行っている。

  1. 該当するアプリをマーケットから削除
  2. ディベロッパーのアカウントを停止、捜査当局へ通報
  3. ユーザー端末から対象アプリを遠隔削除
  4. パートナーと協力し、セキュリティ問題の修正プログラムを配布

また、Androidマーケットのセキュリティアップデートを配信し、脆弱性を悪用し端末の情報にアクセスできないようにした。
アップデートの対象となる端末には「android-market-support@google.com」というアドレスから通知メールが送信され、「Android Market Security Tool March 2011」のインストールが行われたと通知される。
アップデートは自動的に行われ、端末側で操作を行う必要は一切無い。

【関連ニュース】
公式マーケットで配布されたアプリにもマルウェアが混入、Googleが削除

【情報元】
Google -Mobile Blog







関連記事




タグ: , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る