Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2011/03/8 ホーム / 壁紙 / アイコン

『vLauncher – best app organizer』は、iPhoneのように全てのアプリアイコンが並ぶホームアプリです。

アプリのアイコンが並ぶだけではありません。アプリはフォルダ分けが出来る上、iPhoneにはないウィジェット機能との共存も可能です。
動作もサクサクで、Androidの良い面を残しつつiPhoneホームの操作性を実現することが出来ます。今のホーム画面に飽きてしまった方、使っているアプリが多すぎてランチャーなどでまかないきれない方、iPhoneが気になる方などにおすすめです!

アプリの特徴

  • iPhoneのようにアイコンが並ぶホームアプリ
  • フォルダによる整理整頓でホームがスッキリ!
  • ウィジェットも使用可能

vLauncher - best app organizer
価格:無料

起動すると、iPhoneのように全てのアプリがグリッド上に並んだホーム画面が表示されます。
画面下の「Dock」はスクリーンに関わらず固定されているので、最もよく使うアプリはここに置いておくとすぐにアクセスできます。

スクリーン数はアプリ数に依存します。現在のホーム画面のポジションは画面下の白い点から確認できます。
もちろん、アプリ一覧のドロワーはありません。しかし、Wi-FiやBluetoothのON/OFF用トグルアイコンもホーム画面に並ぶので、ユーザビリティが落ちることはありません。

アイコンを長押しすると、そのアイコンを移動することが出来ます。Dockへ入れたり外したりするときも、同様にアイコンを長押ししてください。
長押しした際に画面下に表示されるゴミ箱にドロップすると、アプリのアンインストールも可能です。

アイコンはフォルダを使って整理することも出来ます。
ホーム画面の空きスペースを長押しすると、フォルダの作成メニューが出てきます。フォルダの名前を付けて新しいフォルダを設置してください。

フォルダへのアイコンの追加は、ドラッグ&ドロップで行えます。簡単です。
この辺りの操作は変な癖もなく直感的に使えます。

フォルダをタップすれば中身をチェックできます。閉じる際は右上の「×」を押してください。
フォルダでカテゴリ別にアプリを整理すれば、ホーム画面もスッキリします。

menu>「Add」からはフォルダの追加、「Wallpaper」は壁紙の設定が行えます。

壁紙を使うにはあらかじめ設定を行なう必要があります。「Setting」から「User Wallpaper」にチェックを入れてください。
チェックを入れると『vLauncher』が再起動を求めてきます。「Yes」を押して再起動したら準備完了です。

後は、空いたスペース長押しまたはmenuから「Wallpaper」を選択して、好きな写真を壁紙にセットするだけです!

本アプリではウィジェットを使うことも出来ます。
ウィジェットは、アプリアイコンが並ぶ画面とは別に、ウィジェット専用の画面を使用します。「Setting」>「Widget Screens」から、ウィジェット用のスクリーン数を決めます。

すると左側にウィジェットを設置できる画面が追加されます。
iPhoneの操作性とAndroidのウィジェット機能、両方の便利なところを凝縮したホーム画面の完成です!

いかがでしたでしょうか。
アプリのショートカットが全部ホームから使えるため、アプリへのアクセスがとても簡単に行なえます。フォルダ機能で整理整頓も出来ますし、ウィジェットが使えるのはうれしい限りです。AndroidとiPhoneの2台持ちの方には特にうれしいホームアプリですね!





vLauncher - best app organizer
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 vLauncher - best app organizer
価格 無料
対応OSAndroid 2.1 以上
バージョン 0.94
デベロッパー名 Voyager Apps
レビュー日 2011/02/18


関連記事




タグ: , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る