ブックリスト : ピッと一瞬!バーコードをスキャンしてスマートフォンで書籍管理!Androidアプリ1558

 

『ブックリスト』は、書籍にあるバーコード「ISBNコード」を利用し、書籍を管理できるアプリです。

本を買おうと思ったとき、「この本は持っていた気がする…。」という経験はありませんか?
パソコンで書籍を管理するフリーソフトもありますが、ISBNコードや書籍のタイトルをひとつひとつ入力するのは大変です。
この『ブックリスト』なら、バーコードをスキャンして簡単に書籍の登録&管理ができてしまいます!

アプリの特徴
  • ISBNコードを利用した書籍管理アプリ
  • 『QRコードスキャナー』と連携してバーコードを読み込み書籍情報を登録
  • 登録した書籍から関連書籍を検索
ブックリスト
価格:無料
開発:yama3


まず、このアプリでスキャン機能を利用するには『QRコードスキャナー』が必要です。
Android端末には必須のツールアプリですので、ぜひインストールしてみてください。

それでは、まだ一冊も書籍を登録していないので、さっそく登録していきたいと思います。
menu>新規追加(SCAN)で『QRコードスキャナー』を選択します。

ISBNコードは、書籍の裏に2つあるバーコードのうち、上のほうです。
赤い線をバーコードと平行にして読み取ります。

一瞬で読み取ることができました。
書籍の画像と詳細情報をWEB上から取得してきて表示してくれます。

「ステータス」では書籍の状況を設定でき、購読管理などにも役立ちます。

「スター」では自己評価を5段階でつけることができます。

さらに便利なのは、menuから関連書籍の検索ができることです。

登録した書籍は、トップ画面に一覧で表示されるようになります。
menu>その他>ソートで並び替えを行うこともできます。
 

本アプリでは、登録した書籍のキーワード検索やステータス、スターでの絞り込み検索も行えます。

また面白い機能として、書籍情報から自動でタグを作成し、よく出てくる単語をピックアップする「タグクラウド」機能もあります。


設定画面ではCSVファイルとして入出力したり、Twitterと連携するための設定などがあります。
中でも便利なのが「連続登録」です。通常は一冊ずつしか登録できませんが、「連続登録」を使えば連続して書籍をスキャンしていくことができます。
本棚の書籍をまとめて整理するときに大変便利だと思います。

いかがでしたでしょうか。
『QRコードスキャナー』を利用することによって、簡単に書籍を登録することができました。特に「連続登録」では次々と書籍を登録でき、書籍管理の手間が省けます。
本を買いすぎて、本棚にどの本があるか分からなくなってしまっている方は、本アプリで整理してみてはいかがでしょうか?




ブックリスト
価格:無料
開発:yama3





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名ブックリスト
対応OSAndroid 1.6 以上
バージョン1.3.0
提供元yama3
レビュー日2011/03/09
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者