Google Docs : 「Google ドキュメント」公式アプリが出た!OCR機能も搭載!Androidアプリ1604

 

『Google Docs』は、Android端末から「Google ドキュメント(Google Docs)」を閲覧、編集できる、Google公式アプリです。

ブラウザからオフィスソフトを利用できる「Google ドキュメント」からAndroid用アプリが先日リリースされました。
文章(Word)やスプレッドシート(Excel)などを、Android端末から簡単に閲覧、編集できます。写真の文字を認識する、OCR機能(日本語未対応)が利用できるのも特徴です。
さっそく使ってみました!

アプリの特徴
  • Google ドキュメントを閲覧、編集できるGoogle公式アプリ
  • ドキュメントの新規作成、閲覧、編集、共有がスムーズ
  • 写真から文字を読み取るOCR機能(日本語未対応)
Google Docs
価格:無料
開発:Google Inc.


アプリを起動すると自動的にログインしてGoogle ドキュメントと同期してくれます。現在、アプリ内の表記は英語になっていますが、特に難しいところはないと思います。

「All items」で、保存されているドキュメントを一覧で表示します。

まずは、「スプレッドシート」から見てみましょう。
「スプレッドシート」は、Excelでお馴染みのセルを軸としたドキュメントです。

一番左の列の「編集」をタップすると編集画面になります。
ブラウザからもGoogle ドキュメントは利用できますが、そちらで編集するより格段に使いやすくなっています。また、「フィルタ」や「ソート」といった、スプレッドシートならではの機能もしっかり利用できます。

一方「文章」は、Wordのようにテキストエディタとして使えます。

行ごとに選択、編集するようになっているので、ピンポイントで編集できます。

次に写真の文字を認識する、OCR機能をご紹介します。
トップ画面右上の新規作成ボタンから「Document from photo」を選択します。カメラが起動するので、文章をうまく写真に納めましょう。

撮影が終わるとアップロード画面になります。タイトルを任意に設定してOKを押せばドキュメントの作成は完了です。

アップロードしたドキュメントをのぞいてみると、撮影した対象の下に文字が並んでいます。
今回、文字が書かれたプリントを撮影してみましたが、驚きの精度で写真から文字を認識しているのが分かります。

パソコンのブラウザから同じドキュメントを見てみました。
日本語の文字の読み取りは出来ないようですが、英語はご覧の通りです。読み取りの精度を上げるには、やはり上手く撮影することが大切なようです。

最後に、Google ドキュメントの共有機能についてご紹介します。
Google ドキュメントでは、複数の人が1つのドキュメントを同時に閲覧、編集できます。本アプリでも、その共有機能を利用することができます。

共有したいドキュメントの右のボタンから「Share」を選択します。
後は共有したい人を、連絡先から選択して追加します。連絡先から選択できるのは嬉しいですね。
共有する相手によって「閲覧のみ」「編集可能」といった権限を設定することもできます。

なお、本アプリにはウィジェットも用意されていて、ホーム画面から素早く新規作成などが行えます。

いかがでしたでしょうか。
従来のブラウザからの操作に比べ、格段にGoogle ドキュメントの使いやすさが向上しています。閲覧と簡単な編集作業であれば、十分に使用できるレベルだと思います。
OCR機能は今のところ日本語非対応ということですが、今後のアップデートに期待しましょう。

Google ドキュメントを利用している方は、今すぐインストールです!




Google Docs
価格:無料
開発:Google Inc.





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名Google Docs
対応OSAndroid 2.1 以上
バージョン1.0.4r
提供元Google Inc.
レビュー日2011/04/28
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者