映画『皆既日食の午後に』 : Superflyの楽曲がショートフィルムに!短編映画アプリ!Androidアプリ1935

 


『映画『皆既日食の午後に』』は、女性歌手のソロユニット「Superfly」の楽曲『あぁ』をモチーフに作られた短編映画を鑑賞できるアプリです。

本作は、米国アカデミー賞公認の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」と「Superfly」のコラボにより実現しました。
監督・脚本は、2010年映画祭優秀賞と観客賞をW受賞した常盤司郎監督が担当し、豪華キャスト達が出演しています。
8月31日までの期間限定で、通常価格350円が250円になっています。購入するなら今がチャンスです!



アプリの特徴
  • Superflyの楽曲を元に作られた、短編映画アプリ
  • 監督・脚本は常盤司郎監督が担当し、豪華キャストも出演
  • メイキングムービーやキャストコメントも収録
  • 8月31日までの期間限定特別価格で、350円→250円
映画『皆既日食の午後に』
価格:¥250
開発:TRIART, Inc.







初回起動時には、データのダウンロードが必要です。
データをダウンロードする際は、Wi-Fiの利用が推奨されています。

本アプリでは、映画本編の他に脚本やキャストコメント、メイキングムービーなどを収録しています。
menuの「Thumbnail」で、各ページのサムネイル画像からアクセスすることができます。







まずは、作品紹介であらすじを見てみましょう。
本作品は”皆既日食の午後に繰り広げられる 男女3組の登場人物が絡み合う群像劇”です。






 

キャストには、NHK大河ドラマ「龍馬伝」で話題になった濱田龍臣さんや、映画「漫才ギャング」の新井浩文さん、TV&映画「赤い糸」の南沢奈央さん、映画「GANTZ」の田口トモロヲさんらが出演しています。

「特典映像」のページでは、キャストコメントをムービーで見ることができます。







本編は約15分の短編映画で、電車の中などでも観賞することができます。
繊細な心理描写が魅力で、作品に夢中になってしまいました。

データは初回起動時にダウンロードされるので、地下鉄の中などでも再生できますよ。






 

本作品の題材となった、「Superfly」によるコメントも掲載されています。

また脚本も収録されており、より深く作品を理解し、楽しむことができます。
1度本編を見た後に脚本を読み、もう1度本編を見ることをオススメします。



映画本編からメイキングムービーや、脚本まで本アプリ1つに収録されています。
映画の内容も個人的にはとても興味深く、何度も見てしまいました。
本作品は今後世界中で上映される予定で、2011年を代表する短編映画になるかもしれませんね。




映画『皆既日食の午後に』
価格:¥250
開発:TRIART, Inc.





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名映画『皆既日食の午後に』
対応OSAndroid 2.1 以上
バージョン1.0
提供元TRIART, Inc.
レビュー日2011/07/13
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者