SkyAmp Lite : 「SkyDrive」の音楽を再生!クラウド時代の音楽プレイヤー!Androidアプリ1937

 


Windows Live IDでアクセスできる、オンラインストレージサービスの「SkyDrive」。元々の役目は、音楽だけじゃなく、様々なデータをオンライン上で共有管理するのが目的だ。

旅行のときの写真を「SkyDrive」にアップロードして、旅行に参加したみんなと楽しむ…というのはよく聞く話だが、今回取り上げるアプリ『SkyAmp Lite』を使えば「SkyDrive」に置いてある音楽を気軽に楽しむことができる。

このアプリは2012年2月8日現在、Androidマーケットから削除されています。



アプリの特徴
  • 「SkyDrive」にアップロードした音楽を再生できるプレイヤーアプリ
  • WiFi、3Gが使えれば、端末に保存していない音楽を聞くことができる
  • 無料版の本アプリは再生できるのが3曲まで







この『SkyAmp Lite』を使う前に、まずはWindows Live IDの取得が必要だ。IDの取得といっても難しい話ではないし、完全無料で利用可能だから安心して欲しい。
取得すれば最大25GBもの大容量のオンラインストレージが無料で利用できるようになるのだから、損な話じゃないはず!

IDを取得したら、さっそくPCからお気に入りの楽曲をアップロードしておこう。







Windows Live IDを取得して楽曲もアップロードしたら、『SkyAmp Lite』を使おう。
起動画面でWindows Live IDとパスワードを入力すると、そのまま「SkyDrive」に接続する。

すると、「SkyDrive」内のフォルダ構成が現れる。
あらかじめ音楽専用のフォルダを作っておくととても便利だ。







アップした楽曲全てが表示されているが、この状態ではまだ聞くことができない。
次に「Playlist」を作成する必要がある。聴きたい曲名をタップすると音符のマークが現れるからそれにチェックを入れよう。

ちなみに、この『SkyAmp Lite』は試用版でもあるので、3曲までしかリストに加えられない。
一度このアプリを使ってみて、使い勝手の良さに満足したら有料版を購入しよう。

チェックした後は、下段の4つあるアイコンの一番右のボタンをタップすれば「Playlist」は完成だ。







画面上段の「Playlist」のボタンを押せば、付け加えられた曲名の確認ができる。
ここまでくれば準備は終了。







画面上段の「Media Player」をタップすると、プレイヤーモードになる。
様々な音楽プレイヤーと操作性は変わらない。違う点はただ1つ。
このアプリで聴いている楽曲データは基本的にAndroid端末の中に存在していない。データは「SkyDrive」内にある。





3GにしろWiFiにしろ電波が届くところであれば、どこでも音楽が聴ける『SkyAmp Lite』。
最近世の中は「クラウド」が大流行中だが、まさしくそのクラウド時代の音楽プレイヤーと言えるだろう。
ただし、回線速度に影響を受けやすいのでWiFiでの利用をお勧めしたい。









おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名SkyAmp Lite
対応OSAndroid 2.1 以上
バージョン1.2
提供元Sky Droid
レビュー日2011/08/12
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者