radiko.jp 復興支援プロジェクト : 震災被災地のラジオに耳を傾けよう!Androidアプリ1943

 


『radiko.jp 復興支援プロジェクト』は、先の震災による被災地のラジオを全国に配信して、全国に現地の声を伝えることを目的としたサイマルラジオアプリです。

本アプリは、スマートフォンから地元のラジオを聴けるアプリとして高い人気を得ている「radiko.jp」のアプリです。
「復興支援プロジェクト」は、被災地の放送局によるラジオを通じて、現地の状況を全国へ正確に伝える目的で始まりました。
本アプリでは「IBC東北放送」や「東北放送」など、7局の放送局を全国から聴取することができます。




アプリの特徴
  • サイマルラジオアプリ『radiko』の「復興支援プロジェクト」アプリ
  • 東北地方を中心に7つの放送局を全国へ配信
  • 4月28日より約6ヶ月間配信予定
radiko.jp 復興支援プロジェクト
価格:無料
開発:株式会社radiko



本アプリで聴ける放送は、こちらからパソコンで聴くこともできます。
なお、本プロジェクトによる配信期間は約6ヶ月間(4月28日配信開始)としており、それ以降は本アプリを利用できなくなる場合があります。




「放送局選択」には、聴取可能な放送局が一覧で表示されます。
本プロジェクトでは、以下の7局が配信されています。

  • アイビーシー岩手放送
  • 東北放送
  • ラジオ福島
  • 茨城放送
  • エフエム岩手
  • エフエム仙台
  • エフエム福島








放送局を選択すると、再生が開始されます。
画面右上のボタンから再生や停止、音量調節が行えます。

音質も良くて途切れることもなく、快適に放送を聴くことができます。

現在のところ、番組表や番組情報は掲載されていません。







本アプリでラジオを聴きながら、他のアプリを使用することもできます。
戻るボタンを押してしまうと終了確認が表示されてしまうので、ホームボタンなのでホーム画面に戻るようにしましょう。

ラジオ再生中は、通知欄に受信している局が表示され、タップするとアプリに戻ります。





 

設定画面では、オフタイマーやバッファ時間の設定が行えます。

バッファ時間を長くすれば、遅延は大きくなりますが途切れづらくなります。
例えば「3分」に設定した場合、地下鉄で駅と駅の間が3分以内であれば途切れずに聴くことができます。








アプリ情報には、本プロジェクトについて解説が掲載されています。

ふるさとが被災された方、被災地に友達や家族が住んでいる方、現地の情報が知りたい方・・・本アプリは、多くの人にとって有益な情報をもたらしてくれると思います。
インターネットやテレビでは伝わってこない、現地の生の声が聞こえてきます。



定番ラジオアプリ『radiko.jp for Android v2 (NEW)』を元に作られているので、動作はとても安定していて使い易いです。
番組表や番組情報は本アプリでは閲覧できないので、ブラウザから各放送局の公式サイトにアクセスしましょう。
いつも聴いている音楽に飽きてしまったら、本アプリでラジオに耳を傾けてみてはいかがでしょうか。




radiko.jp 復興支援プロジェクト
価格:無料
開発:株式会社radiko





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名radiko.jp 復興支援プロジェクト
対応OSAndroid 1.6 以上
バージョン1.0.0
提供元株式会社radiko
レビュー日2011/07/19
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者