Colorize Widget : 各種情報をホーム画面に表示するウィジェット!Androidアプリ1938

 


FacebookやTwitterなどの情報をホーム画面に表示するウィジェットの中には独自機能が目立ちすぎて、「ここはプリインストールされてるアプリで十分役立つのに」と思いながら黙って使う羽目になることも少なくない。

そんな微妙な気持ちで使わなくても、様々なアプリと連動して情報管理が行えるウィジェットが、今回紹介する『Colorize Widget』だ。



アプリの特徴
  • FacebookやTwitter、連絡先などの情報をホーム画面に表示するウィジェット
  • 専用アプリとの連動で使い勝手は抜群
  • ウィジェットの選べるカラーが豊富
Colorize Widget
価格:無料
開発:SnowBEE




まず、このアプリを使う前に1点だけ注意点がある。このウィジェットは単独では機能しない。
超人気ホームアプリの『ADW.Launcher』や『GO ランチャー EX (Go Launcher EX)』上で動作するので、使っていない方は先にインストールしておこう。



このアプリのウィジェットには以下のものが用意されている。

・Facebook
・Twitter
・アジェンダ
・アナログ時計
・メッセージ(SMS)
・コンタクト
・ブックマーク
・Google Reader








その『Colorize Widget』から、いくつかのウィジェットを紹介しよう。

まずは「Google Reader」。その名の通りにGoogleリーダーと連動して機能するRSSリーダーウィジェットだ。
表示領域をタップすれば、更に記事内容の詳細が読めるようになっている。







また、何と言っても『Colorize Widget』の最大の魅力は各ウィジェットごとにテーマカラーが変更できる点だ。
お気に入りの色を見つけてみてほしい。






「Contacts」のウィジェットはいわゆる電話帳にあたる。
コンタクトを取りたい人の枠をタップすると、コンタクト手段に対応したアプリが表示されるので、スムースにメールなどが送れる。

ちなみに、この「Contacts」では電話帳作成時に住所まで記入しておけば、アイコンの中にGoogleマップまで登場する。
タップすればGoogleマップでその場所を教えてくれるという素晴らしさだ。





今回紹介したこの無料版は、機能制限付き(使用がロックされているウィジェットやメニューがある)だが非常に重宝する。
ぜひ、体験してみてほしい。




Colorize Widget
価格:無料
開発:SnowBEE





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名Colorize Widget
対応OSAndroid 2.1 以上
バージョン1.7.5
提供元SnowBEE
レビュー日2011/08/12
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者