【ニュース】 Camangi、Androidタブレット端末「Mangrove7」の発売を延期

 





Camangi Japanは12日、8月中旬より発売予定だったAndroidタブレット端末「Camangi Mangrove7・WiFi」の発売を延期すると発表した。

当初はAndroid 3.1を搭載して出荷する予定だったが急遽Android 3.2を搭載することが決まり、プリインストールアプリの動作確認やバグ修正などにより1ヶ月程度発売が遅れる見通し。
そのため発売時期は、9月末~10月初旬に延期となった。





「Camangi Mangrove7・WiFi」は、380gの軽量ボディに7インチのディスプレイを搭載したAndroidタブレット端末。
Android 3.2を搭載したタブレット端末は、イー・モバイルから発売予定の「GALAPAGOS A01SH」に続く国内で2機種目。

また、今回の発表にあわせて美しい日本語フォント「Dynaフォント」や、日本語入力アプリ「Simeji」、「OpenWnnplus」がプリインストールされることが発表された。
そのほか、車載利用向けクレードルやカーチャージャーなどの純正アクセサリーの手配も進めているとしている。

【関連情報】
Camangi Mangrove7の発売開始時期の延期について
Camangi Mangroveシリーズ







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者