【ニュース】 Google、Motorola Mobilityを買収

 





米Googleは15日(現地時間)、Androidタブレットやスマートフォンの開発を手がける携帯電話メーカーMotorola Mobilityを買収すると発表した。

買収総額は125億ドル(約9,600億円)で、米国やEUなどで規制当局の承認を経て2011年内から2011年初頭にかけて買収を完了させる見込み。

なお、今回の買収について各携帯電話メーカーはGoogleの姿勢を歓迎するコメントを発表している。





Motorola Mobilityは、Motorola社からモバイル部門を分社化したメーカーで、国内ではAndroidタブレット端末「MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M」がauから発売されている。
端末のソフトウェア(Android OS)を開発するGoogleが、端末のハードウェアを開発するをメーカーを買収したことになるが、同社では運営は切り離して行うとしている。

モバイル業界では各メーカーの特許をめぐった訴訟が相次いでおり、Googleのラリー・ペイジCEOは「今回の買収によってマイクロソフトやアップルなどからAndroidをより強く守れるだろう。」とコメントしている。

また、今回の買収についてサムスンやソニー・エリクソン、HTC、LGなどの各メーカーは、「Androidとそのパートナーを守るGoogleの姿勢を歓迎する。」という旨のコメントを発表している。

【関連情報】
Google to Acquire Motorola Mobility – Google Investor Relations(英文)
Official Google Blog: Supercharging Android: Google to Acquire Motorola Mobility(英文)
Quotes from Android partners – Facts about Google’s acquisition of Motorola(英文)







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者