Browser Switch : 見たいページを見たいブラウザで!ブラウザ簡単切り替えアプリ!Androidアプリ1965

 


『Browser Switch』は、使用するブラウザを簡単に切り替えられるツールアプリです。

先日、パソコン向けタブブラウザで有名な通称”プニル”のAndroid向けアプリ『Sleipnir Mobile – ウェブブラウザ』のアルファ版がリリースされました。
パソコンのブラウザ戦争と同様に、Androidにおけるブラウザのシェア争いも激化しています。
そんな中、「いろいろなブラウザアプリを試したい。」「自分のサイトを他のブラウザで確認したい。」という方にオススメなのが『Browser Switch』です。
各ブラウザの共有メニューから簡単に使用するブラウザを切り替えることができます!



アプリの特徴
  • 各ブラウザの共有メニューから、他のブラウザに切り替えられるアプリ
  • コピーしたURLを、ステータスバーからブラウザで開くことも可能
  • 他のブラウザアプリをお試しで使いたい時に便利
Browser Switch
価格:無料
開発:nkj development







通常、普段使うブラウザを切り替えるには、Androidの「アプリケーションの管理」からアプリを選択して「設定の消去」をする必要があり、とても面倒でした。
本アプリでは、各ブラウザの共有メニューから本アプリを呼び出して、他のブラウザで表示することができます。

また、「ステータスバーに常駐」にチェックを入れると、コピーしたURLをステータスバーから本アプリを呼び出すこともできます。

「使用するブラウザを固定」では、本アプリで使用するブラウザを固定しておくことができます。
普段はAというブラウザを使用していて、たまにBというブラウザに変えたいという時に便利です。







まずは、Android標準のブラウザでオクトバを開いてみました。
標準のブラウザでは、menu>「その他」>「ページを共有」から共有メニューを表示することができます。

共有メニューにある本アプリを選択しましょう。





 

すると、端末にインストールしてあるブラウザが一覧で表示されます。

冒頭でも触れた期待の新作ブラウザ『Sleipnir』で開いてみましょう。
ブラウザを選択するとすぐにそのブラウザが起動し、今見ていたページが表示されます。





 

URLをコピーして、ステータスバーからブラウザを起動することもできます。
メールで送られてきたURLを、いつもの違うブラウザで開きたい時などに活躍します。

「octoba.net」など”https://”がないURLでは、URLを補完することもできます。



様々なブラウザアプリがリリースされ、日々アップデートを重ねて改良されています。
しばらく使わないうちにとても使い易くなっているブラウザアプリもあるので、本アプリで手軽にいつもと違うブラウザに切り替えてみてはいかがでしょうか。




Browser Switch
価格:無料
開発:nkj development





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名Browser Switch
対応OSAndroid 2.1 以上
バージョン1.0.2
提供元nkj development
レビュー日2011/07/22
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者