Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2011/09/8 音楽 / 動画

アプリ選びの基本とはなんだろう。もちろん、性能そのものも重要だが、それと匹敵するほど大事なのがデザインではないだろうか。

そこでおすすめしたいメディアプレイヤーアプリが、『EndoMediaPlayer』だ。
イコライザーをはじめとして機能も充実しており、それでいて見た目のデザインもクールにまとまっている。



アプリの特徴

  • 音楽と動画を再生できるメディアプレイヤーアプリ
  • イコライザーなどの音質を調整する機能も搭載
  • 自分の使いたい機能の表示/非表示のコントロールが可能

EndoMediaPlayer
価格:無料

EndoMediaPlayer

『EndoMediaPlayer』は、端末内のSDカード上のデータを再生する音楽&動画プレイヤーだ。
再生可能なファイル形式は音楽・動画共に端末標準のプレイヤーに準じた形式なら問題なく楽しめる。

そして何よりも注目したいのが、そのデザインの良さであろう。
機械的な表示が多く用いられており、特に男性は好きなデザインではないだろうか。


EndoMediaPlayer

画面下段左隅のフォルダのアイコン(音符付き)をタップすれば、再生可能なデータが表示される。
そこから、再生したい動画や音楽を切り替えて選択できる。


EndoMediaPlayerEndoMediaPlayer

音楽プレイヤーとして面白いのはスペクトラム表示だろう。
スペクトラム表示そのものはもちろん、背景色まで設定できるのが面白い。

また、イコライザーやバスブースト設定で好みの音質も自在に作りだせる。


EndoMediaPlayer

動画はもちろん横画面で楽しめる。
再生中はイコライザーによる音響設定も反映されるので、PV視聴にはもってこいだ。


『EndoMediaPlayer』では、各機能の表示をカットしておくことができる。
画面右上のアイコン群をタップして消せば、各機能の表示がカットされる。

EndoMediaPlayer

アイコンの示す機能は画面左側から下記の通り。

・音楽プレイヤー時の通知バー表示
・動画プレイヤー時の動画表示
・スペクトラム表示
・イコライザー表示
・再生ファイル名表示
・操作パネル表示
・音声(ミュート)
・アプリ終了ボタン


『EndoMediaPlayer』の難点を上げるとすると、操作ボタンの類が非常に小さいことだ。
クールな見た目を残しつつ操作し辛さが克服されれば、もっと高い評価を得るメディアプレイヤーだと思う。
これからの進化にも期待が膨らむアプリだ。





EndoMediaPlayer
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 EndoMediaPlayer
価格 無料
対応OSAndroid 2.3 以上
バージョン 4.0
デベロッパー名 y-endo
レビュー日 2011/08/31


関連記事




タグ: , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る