金沢将棋レベル100 : 初心者も上級者も大満足!100段階のレベルが選べる将棋アプリ!Androidアプリ2226

 


将棋初心者の上達の近道は、とにかく対局することです。
しかし将棋アプリの多くは、ある程度の将棋の実力者を対象としている場合がほとんどで、初心者向けのレベルでもCPUはなかなか強く、一方的に負けてしまうことがよくありました。
これでは攻め手を覚えられませんし、何より楽しくありません。
しかし『金沢将棋レベル100』は、100段階の難易度設定を装備しています。ですからレベル1は本当に弱く、レベル100はかなりの棋力を誇ります。
つまり、覚えたての初心者から熟練の上級者まで、幅広い層が楽しめるアプリなんです。



アプリの特徴
  • 100段階のCPUレベルが設定できる将棋アプリ
  • 駒落ち・ヒント・待ったなど初心者に優しい機能
  • 条件クリアで獲得できる「メダル」システム
  • 棋譜の保存・送信・再生機能
金沢将棋レベル100
価格:¥450
開発:UNBALANCE Corporation







CPU戦のほか、交互に操作する「対人戦」モードもあるので、駒や板がなくても友人と対戦することができます。

CPUのレベルは100段階用意されており、最初から全レベルに挑戦することができます。
過去に勝利したレベルには獲得したメダルが表示されるので、全制覇目指して頑張りましょう!







また「駒落ち設定」で、どちらかの駒を少なくしてハンデを付ける事もできます。

相手の駒を減らせばより簡単になりますが、上級者ならあえて自分の駒を減らすのも良いでしょう。







操作方法は「動かしたい駒をタップ→移動先をタップ」というシンプルなもの。

駒が移動できる範囲も表示されるので、ルールを覚えたての方でも気軽に対局できます。

駒を指す音がリアルで心地よく、将棋番組のように指し手を読みあげてくれるので、臨場感抜群です。


駒を指す時に自動ズームする機能や、自分の手番にバイブする機能など、スマートフォン向けの工夫も随所に盛り込まれています。





手に迷った時は画面左上のメニューで「ヒントを表示」を選択すると、次の最善手を表示してくれます。

また指し手を間違えた時は、画面上の「待った」ボタンで一手戻すことができます。
対人戦で多用するのはマナー上宜しくありませんが、CPU相手なら気兼ねなく使用できます。







見事勝利すると、対局内容に応じた「メダル」を獲得できます。
メダルを集めることで、新しいデザインの駒や将棋盤を獲得できます。

待ったやヒントを使わずに勝利すれば、より上位のメダルを獲得できます。

さらに自分側の駒を落としてCPUに勝利すれば、最高位の「玉メダル」を獲得できるので、上級者はチャレンジしてみましょう!







また棋譜の保存・閲覧や、メールでの送信もできます。
後で見返して自分の指し筋を検討したり、友人に自分の対局内容を教えたりできます。

自動再生してビデオのように対局を鑑賞することもできます。


ちなみに私は小学生から将棋を始めて、今は年に数回指す程度ですが、レベル30でいい勝負、レベル100には完敗、といった感じでした。

初心者から上級者まで「将棋アプリで迷ったらコレ!」と、自信を持ってオススメしたいアプリです。




金沢将棋レベル100
価格:¥450
開発:UNBALANCE Corporation





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名金沢将棋レベル100
対応OSAndroid 2.1 以上
バージョン1.0.0
提供元UNBALANCE Corporation
レビュー日2011/10/04
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
Nobuyuki Hamasaki
オクトバのライターです。