Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2011/11/8 ニュース / 情報

毎日の通勤や通学、おつかれさまです。
ぎゅうぎゅうの満員電車で時間をつぶすのに最適な物と言えば…古の時代であれば、そう「新聞」がありました。
しかし大きくてかさばり、読みづらいのが新聞のウィークポイントでもあります。

ならいっそAndroidで読めば…とも思いますが、ニュース系アプリと言えば本家Googleリーダーなども含めて、いまいち読後感はありません。正直な話、いまいち決定版が無いと言うのが実情…。
そこにきて、ようやく真打ちとも言えるアプリが登場してくれましたよ!それが『産経新聞』アプリです。



アプリの特徴

  • 産経新聞のほぼ全ページが配信
  • フジサンケイビジネスアイも一緒に読める
  • 紙面のダウンロード後はオフラインでも読める
  • タブレット端末にも対応

産経新聞
価格:無料

産経新聞の最新版は毎朝5時のお届けとなります

産経新聞

紙面の産経新聞が、ほとんどそのまま皆さんのお手元のAndroidに届くというのがこのアプリの特徴です。

既存のニュース系アプリのように「抜粋」でお茶を濁すことなく、毎日発行されている「新聞そのものをアプリ化」したという、直球勝負が嬉しいですね!

来年1月までは無料で全ページが購読できるというのもグッドです。


王道を読むべきか、専門紙を読むべきか

産経新聞産経新聞

購読可能なのは「産経新聞」本紙と、そのビジネス版に当たる「フジサンケイビジネスアイ」紙。
毎朝5時にその日の最新版が届きます。

全紙面のダウンロードにはそれなりに時間もかかりますので、できればWi-Fi環境でダウンロードしましょう。
ダウンロードボタンを1タップするだけで「配達」されますよ。


オフラインで産経新聞の記事が自由に読める!

産経新聞産経新聞

さっそく新聞を読んでみましょう。

見ての通り、新聞の1面が全部表示されています。読む場合はピンチズームで読みたい箇所を拡大するだけです。

全部の紙面を一括ダウンロードしてあるので、拡大も非常にスムーズ。これで満員電車の中でも、周囲を気にせず新聞が読めます。


産経新聞

次のページを読む場合は、画面をスワイプするだけでページが送られます。タブレット端末で利用するれば、本当に新聞そのものを読むのと同じ雰囲気。

もちろん朝刊ですからラテ欄もありますのでご安心を!


アプリならではのサービス満載

産経新聞産経新聞

読んでいる最中に、端末のmenuキーをタップすると、メニューが現れます。
機能の概要は下記の通りです。

・設定…紙面閲覧などの機能を変更できます。

紙面閲覧などの機能に変更が加えられます。おすすめは「最大拡大率」の変更です。
150パーセント程度に設定しておけば、画面を2タップするだけで、読みやすいサイズに拡大できます。


産経新聞産経新聞

・MSN産経ニュース…外部アプリ『MSN産経ニュース』を起動して同ニュースが閲覧できる連携機能。
速報性の高い話題のチェックには欠かせませんよ。(別途インストールが必要。アプリ・ニュース閲覧共に無料)

・夕刊フジ…同じく『夕刊フジ』アプリ連携機能。こちらは有料ですが、エンタメ情報なら見逃せないですね。

・サムネイル…サムネイル表示なら希望のページを直接表示でき、わざわざめくる必要がなくなります。


専門紙だからこそ読める記事もある

産経新聞

ちなみに「フジサンケイビジネスアイ」紙は、国内外の経済情報を取り扱う新聞。

紙名に馴染みのない方も少なくないかも…この機会に読んでみてはいかがでしょうか?

本紙ではスペースを取りにくい、より専門的な記事が掲載されています。


ちなみに、すでにオクトバのニュース記事でもお伝えしていますが、2012年1月中は無料購読が可能であり、2月以降については、タブレット端末向けには機能を拡充した有料版(価格未定)を本格的をスタートする予定。

またスマートフォン向けは引き続き無料で購読でき、機能拡充型の有料版も用意される予定だそうです。

「自宅の新聞は違う所なんだけど…」という方でも、無料でほとんどのページが読めますから、読書気分で利用してみてはいかがでしょうか?





産経新聞
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 産経新聞
価格 無料
対応OSAndroid 2.2 以上
バージョン 1.0.2
デベロッパー名 産経デジタル
レビュー日 2011/11/07


関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る