Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2011/11/30 エンターテイメント

オクトバ読者の皆さんは犬派と猫派、どちらが多いんでしょうか?
私の場合はどちらかというと犬派です!でも、マンションの事情で犬が飼えないんですよね…。
もし飼えても、都心だと思い切り散歩させてあげるスペースがあまりないですし、実際に飼われている方は大変だと思います。
でも、これなら何処に住んでいても大丈夫ですよ!
『いぬコレクション1』はウィジェットアプリで、起動すると可愛い子犬がホーム画面に登場します。もちろん、色々とコミュニケーションも取れちゃうんです。



アプリの特徴

  • 子犬とコミュニケーションが楽しめるウィジェット
  • 着せ替え機能でコーディネートが楽しめる
  • 育成データのSDカード保存に対応

いぬコレクション1
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


いぬコレクション1

本アプリはウィジェットです。

まずはインストール後、ホーム画面を長押ししてウィジェットメニューを起動させます。

リストの中から『いぬコレクション1』を見つけたら、あとはタップするだけで画面に反映されます。


いぬコレクション1

子犬がホーム画面上に現れました!

頭でっかちな感じが、産まれたての子犬っぽくてかわいいですね。しかも毛並みのふさふさ感が上手く表現されています。

この子犬とコミュニケーションを取るには、子犬をタップしましょう。


いぬコレクション1いぬコレクション1

これがコミュニケーション画面です。

頭やお腹を指先で触ると、ニコニコしながら舌を出す仕草を見せてくれます。

そうやってたくさん触れ合うことで、様々なパラメーターがアップ。

ちなみに子犬の性別は「MALE」と書かれていますので男の子です。


いぬコレクション1いぬコレクション1

コミュニケーションには「着せ替え」もあります。

「Communication.」と書かれたバーをタップすると、「Dress Up.」モードになります。

着せ替え可能なのは「Hats(帽子)」と、「Closthes(服)」です。

可愛い物から面白いコスチューム系まで色々ありますので、お気に入りのコーディネートを見つけてください。


いぬコレクション1

ちなみに、コーディネートや育成データはSDカードへの保存にも対応しています。

画面下段の右隅にある「SD Storage」をタップすると、保存用のメニューが表示されます。SDカードに育成データを保存しておけば、アプリの再インストール時や、端末の機種変などのときに重宝します。

なお各項目の機能は次の通りです。
・Save…データの保存
・Restore…データの修復
・Delete…データの削除


いぬコレクション1

子犬と遊ぼうとしたときに「目を閉じている」場合がありますが、これは寝ているからです。

コミュニケーション画面でも当然目は閉じたまま。1,2回のタップくらいでは起きてくれません。しつこくタップすると、眠そうな表情で瞬きしながら起きてくれます。

でも、あまりしつこいのも問題ですよ!


いぬコレクション1いぬコレクション1

「コミュニケーション」画面では、ときおり「哺乳瓶」や「ビーチボール」といったアイテムが出現します。

アイテムをタップすると可愛いリアクションが見られます。哺乳瓶なら、両手で哺乳瓶を掴んで飲んでくれます。

当然ビーチボールの場合はボール遊び。やはりニコニコしながらボールを触ります。


いぬコレクション1

ちなみにウィジェットですから、ホーム画面のスペースが許す限り何匹でも子犬を配置できます。

スマートフォンとしては「どうだろう?」って感じですけど、可愛いので許します!可愛いは正義なんですよ。


個人的には、もうちょっと遊べる要素や、便利な機能が付加されるとベストかなって思います。

ちなみに、このアプリの開発元は、他にも本アプリの猫版などもリリースしています。

「ホーム画面中に可愛い子犬と子猫を!」と興味を抱かれた方は、こちらもチェックしてくださいね!





いぬコレクション1
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 いぬコレクション1
価格 無料
対応OSAndroid 1.6 以上
バージョン 1.0.4
デベロッパー名 green 4th wood
レビュー日 2011/11/29


関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る