東京古い地図 : 明治時代の東京を歩こう!古地図アプリ!Androidアプリ2612

 


江戸東京博物館に行ったことはありますか?
あそこの床には100年前と現代の東京を重ねた地図が描かれています。
当時住んでいたマンションが、100年前は海だったことに衝撃を受けた思い出があります。

『東京古い地図』は、そんな体験をスマホでできる地図アプリです。表示されるのは1880年代の地図。
位置情報を使えば、今いる場所が明治時代どんなところだったのかも分かります。
タイトルでは「東京」となっていますが、地図によっては関東全域もカバーしています。
ぜひタイムスリップ気分を楽しんでみてください!



アプリの特徴
  • 1880年代の古地図が見られるアプリ
  • Googleマップと連携してタイムスリップ
  • 地図によっては関東全域をカバー
東京古い地図
価格:無料
開発:boiledorange73







アプリを開くと、そこは古地図の世界です。

とりあえず、当時の中心地(と思われる)日本橋のたもとに立って、現在地に地図をあわせます。現在地の検索は、menuの「現在地」から実行できます。

今、画面に表示されている地図は代々木。代々木「村」だったんですね。







日本橋が表示されました!代々木と違って整備された町並みです。本アプリでは、地図の画面右上の地図名をタップして切り替えることができます。

この地図は「東京図測量原図」、切替ボタンでは「東京5000」と表示されています。明治16年(1883年)に作成された地図だそうです。

縮尺は5000分の1なので、建物の配置など細かい部分もよく見えます。こちらの地図がカバーするのは東京の中心部のみ。代々木村は対象外でした。







「迅速即図」をタップして、地図を切替ました。この地図は「関東平野迅速測図」。明治13年(1880年)から明治19年(1886年)にかけて作成されたものです。

縮尺は2万分の1なので、さきほどの「東京図測量原図」に比べると画像が粗いです。


こちらの地図は、関東平野をほぼカバーする大規模な地図になります。

範囲を拡大すると、ちゃんと形が分かります。明治時代の測量技術に感動しました。





「地図」をタップすれば現代の東京。Googleマップが表示されます。

日本橋川を、完全に首都高が覆ったことが分かります。

道路の位置や地名はほとんど変わっていません。当時から完成した街だったんでしょうね。







左上の人間マークをドラッグすれば、ストリートビューを見ることができます。

当然現代の風景ですが、古い地図との比較で新しい発見があると思います。

私は浅はかなので、一瞬「明治時代の風景!?」と期待してしまいました…



これらの地図は「歴史的農業環境WMS配信サービス」で提供されています。
読み込みは遅いですが、紙の地図を拡大できる解像度でスキャンして…と考えると当然かもしれません。

当時の町並みはもちろん、古地図の雰囲気もまるごと味わえるアプリです。歴史好きな人、お試しください!




東京古い地図
価格:無料
開発:boiledorange73





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名東京古い地図
対応OSAndroid 1.6 以上
バージョン0.9.1
提供元boiledorange73
レビュー日2011/12/16
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者