バリストローク : その1秒が命取り?指先の一瞬の判断が勝敗を決めるアクションパズル!無料Androidアプリ

 


名作と呼ばれるパズルゲームは色々ありますが、そういったタイトル群の共通項目というとまず「シンプルな操作性」です。
また、何度もプレイする以上は「飽きのこないビジュアルデザイン」と、「飽きずに聞き続けられるリズミカルなサウンド」というのも大事な要素ですね。
こういった要素はどれかひとつでも欠けてしまうと、多くのゲームファンに受け入れられる「名作」にはなりえません。
今回ピックアップする『バリストローク』は、そんな名作の要素を重ね持ったアクションパズルゲームです。



アプリの特徴
  • 指先ひとつでプレイできるシンプルゲーム
  • 独特なビジュアルデザインがポイント
  • 充実のランキング機能
バリストローク
価格:無料
開発:DAN-BALL




クールな画面デザインを活目して見よ!



オレンジをベースにした思い切りの良いトップ画面のデザインが目を引きます。まさしく「クールなビジュアル」そのものといった感じです。

トップ画面では次の項目が選択可能です。
・「play」…ゲームモード選択
・「ranking」…ランキング閲覧
・「sound」…サウンドの有無
・「more games」…開発元サイトへのリンク

それでは「play」からゲームモードを選んでプレイしましょう。







「play」モードは全部で5種類ありますが、基本のゲームモードでは各レベルをクリアしないと、次のレベルがアンロックされません。

「endless」モードは当初からプレイ可能です。その名の通り、ゲームオーバーにならない限り延々とプレイが続くモードです。

まずは「easy」の「stage 01」からプレイ開始です!




マス目をなぞって数字を繋げ、ゴールを目指す



ルールは至ってかんたんです。4×4のマス目で構成されたステージに、ランダムで表示されるナンバーを、指先で「一筆書き」のようになぞっていくだけ。

ゴールとなるチェック模様の入っているマス目を目指してください。画面上部の制限時間ゲージにも注意してくださいね。

間違ってなぞってしまった場合は、そのまま指先を間違った場所まで戻せばOKです。







ゴールまで「最短距離のパネル数」で、しかも「短時間」でたどり着ければ高得点がゲットできます。

「数字がひとつじゃ物足りない?」…安心してください。このレベルは基本的に操作方法を覚えるためのチュートリアルのような位置づけですから。

「easy」モードで躓いていては、次のモードでは相当苦労しますよ。




一瞬の躊躇がゲームオーバーを呼ぶ



レベルが上がると、どんどん数字のパネルの数が多くなっていきますので、少ない数字でも思わず躊躇するケースも出てくるでしょう。

制限時間を使い切ると「time up」、ゲームオーバーです。







ゲームオーバーになるとスコア画面が表示されます。シンプルなゲーム性のおかげで非常に悔しい思いをすることは確実です!

画面中央の「Global Ranking Entry」をタップすると、全世界のユーザーとのランキング競争に参加できます。

ちなみに「retry」をタップすると、そのレベルの冒頭のステージから再スタートです。




nomalモードで難易度は更にアップ



「nomal」モードに突入しました。

黒く塗りつぶされて通過できないパネルが出現し始めると、難易度がグッと上がってきます。

頭の中で通過ルートを考えていると、どんどん制限時間ゲージが消費されていきますよ!

また、ステージ内容はランダムで生成されるので「retry」し続ければかんたんに解ける…といったこともありません。



見た目のクールさ以上に、クールで遊び応えのある内容は、アクションパズルゲームの王道と言っても良いでしょう。
サウンドも耳障りになることもなく、中毒性を感じさせる独特なリズムです。

新年早々、必携のゲームアプリと言えますね!




バリストローク
価格:無料
開発:DAN-BALL





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名バリストローク
対応OSAndroid 1.5 以上
バージョン1.2
提供元DAN-BALL
レビュー日2012/01/06
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者