みかん農場経営ゲーム Android AR-ARIDA : 育てたみかんが貰えるかも!?有田市公式アプリ!無料Androidアプリ

 


突然ですが皆さん、「有田市」ってご存知ですか?
「焼き物で有名な…」と思った方も多そうですが、あちらは有田「町」です。
和歌山県有田(ありだ)市は、和歌山県の西部に位置する人口3万人ほどの市です。特産品はなんといっても適度な酸味と甘さが自慢の「有田みかん」!
今回はその「有田みかん」の生産を体験できる経営ゲームを収録した、有田市の公式アプリ『みかん農場経営ゲーム Android AR-ARIDA』をご紹介します。最高品質のみかんを作ることができれば、なんと実際に有田みかんが貰えるチャンスもあります!



アプリの特徴
  • 有田市公式のみかん農園経営シミュレーション
  • 最高品質のみかんを作るとみかんが貰えるキャンペーン
  • イベントやアイテムも有田市にちなんだもの
  • みかんについたマークをARカメラで撮るとレアアイテム取得可能
みかん農場経営ゲーム Android AR-ARIDA
価格:無料
開発:ARTIFICE.INC




国内初!?地域振興系経営ゲーム!



ゲームを開始するには「有田みかん農場」をタップしましょう。他にも様々なコンテンツがあるので、是非チェックしてみましょう!

・動画ニュース…有田市のPR動画を視聴
・有田マガジン…有田市の情報誌を閲覧
・有田観光情報…観光スポット紹介や現在地からの経路検索
・最新ニュース…有田市の公式ブログを閲覧
・ARガチャポン…ARカメラを利用したガチャポン




角野卓造さん!?…は出てきません



ゲームを立ち上げた瞬間、テレビでお馴染みの顔がドアップで現れました!

そう、このゲームには「有田みかん大使」であるお笑いコンビ、ハリセンボンのお二人が登場します。

はるかさんはショップ店員、春菜さんはナビゲーターとしてあり太くんをサポートしてくれます。




みかんのお世話は大忙し!



まずはショップで苗を購入して、空いている畑に植えましょう。

水やりなどの世話をして木の体力を維持しつつ、作業をする有田市のマスコットキャラクター「あり太くん」の体力も維持する…というのが基本的な流れです。







農業で一番怖いのは自然災害。台風や大雨、虫害や獣害などの被害に遭うと、木の体力が減ったり病気になったりします。

設備をしっかり整えて予防に努め、被害が出たら薬を購入して速やかに対処しましょう!




有田市に行きたくなるイベント満載!



またときおり有田市に関係したイベントが発生し、体力が回復したり有田市の名産品が貰えたりします。

ゲームを楽しみつつ、市のPRアプリとしてもちゃんと機能している、というのがポイントですね!




カスタマイズを楽しもう



なおみかんを売ったお金を使って、ショップで装備品や設備を買うことで、災害イベントを抑えたり観光イベントを増やしたりできます。

あり太くんや農園の見た目も変わるので、どんどんいいみかんを育てて売って、自分だけの農園をカスタマイズしましょう!




作ったみかんが実際にもらえちゃう!?



そしてついに収穫の季節。育て方によって品質のランク、そして売値が決まります。

最高品質、有田QUALITYを作ることができれば、なんと実際に有田みかんを貰えるキャンペーンに応募できます!




みかんを食べてレアアイテムGET!



プレゼント当選の可否は別として、これだけ手間暇がかかった有田QUALITYみかんの味が気になる!という時は、スーパーや通販などで「有田QUALITYマーク」のついたみかんを探してみてください。甘みと酸味のバランスが良く、絶品ですよ!

さらにそのマークを本アプリのカメラで読み取ることで「ARガチャポン」ができます。カプセルには伝説の召喚獣(!?)をはじめ、ゲーム内で使えるレアアイテムをGETできます。

まさに一粒で二度美味しい「有田みかん」ですね!



ゲームとして楽しめるのはもちろんですが、何より地方自治体自らがこういうアプリを出してきた、ということ自体に大きな意義があると思います。
有田の魅力が詰まった本アプリ、ぜひご賞味ください!




みかん農場経営ゲーム Android AR-ARIDA
価格:無料
開発:ARTIFICE.INC





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名みかん農場経営ゲーム Android AR-ARIDA
対応OSAndroid 2.1 以上
バージョン2.0
提供元ARTIFICE.INC
レビュー日2012/01/19
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
Nobuyuki Hamasaki
オクトバのライターです。