Faster Drawer : スマホをもっと使いやすく!カスタムできるアプリドロワー!無料Androidアプリ

 


カスタマイズ性が高いのが、Androidスマートフォンの特徴。
そんな中で意外と誰も手をつけていないのが、アプリの一覧である「ドロワー」ではないでしょうか。
ホームアプリについている、標準的なドロワーを使っている人がほとんどだと思います。

『Faster Drawer』は、インデックスのついた機能的なアプリドロワーです。
アプリ名の頭文字で素早くアプリを探し、起動することができます。
アイコンの変更やアンインストール機能もついて、効率的にアプリの管理ができそうです!



アプリの特徴
  • インデックスのついたアプリドロワー
  • 頭文字で高速検索
  • 通知エリアから起動すれば作業効率もアップ!
Faster Drawer
価格:無料
開発:hare




インデックスでアプリを高速検索



『Faster Drawer』をインストールして最初に起動すると、インデックスの作成が行われます。
この処理のため、初回の起動には多少時間がかかります。

画面右端にインデックスが見えます。
探したいアプリの頭文字をタップすれば、その文字からはじまるアプリまで飛ぶことができます。
もちろんこれまで通り、スクロールしながらアプリを探すこともできますよ!
インデックスの位置は左にも変えられるので、使い勝手によって切り替えてください。




アプリ名&アイコンも変更可能!



本アプリでアプリを長押しすると、カスタムメニューが表示されます。
「名前の変更」では、表示されるアプリ名を変更できます。
カメラアプリの名前を「Camera_(アプリ名)」で統一してしまえば、インデックスの「C」から簡単にカメラアプリを選ぶこともできますよ。
また、ホーム画面のアプリアイコンを変えている人は多いと思います。
ドロワーのアイコンと一致しないのが不便…という人は「アイコンの変更」でアイコンを統一してください。
これらは『Faster Drawer』内でのみ有効な設定なので、他のアプリに影響することはありません。




アプリ一覧には留まりません



『Faster Drawer』で管理できるのは、アプリだけではありません。
端末menuの「ショートカットの追加」を選ぶと、ドロワー内にショートカットを追加できます。

また、「選択」からは、複数のアプリのアンインストールが可能です。
アンインストールするアプリにチェックを入れて、再びmenuから「アンインストール」を選択してください。




通知エリアも有効活用!



端末menuの「設定」で、「通知に表示」にチェックを入れれば、通知エリアからドロワーを立ち上げられます。

いちいちホームに戻る必要がないので、作業効率がアップしますね。







「設定」では他にも、一行に表示するアプリの数や外観が変更できます。

スマホの雰囲気にあわせて、好みのドロワーを作ってみてください!



ドロワーといえば黒いスクリーンにアプリがぎっしり…そんな概念を変えてくれるアプリです。
ぜひ一度お試しください!




Faster Drawer
価格:無料
開発:hare





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名Faster Drawer
対応OSAndroid 2.1 以上
バージョン0.30
提供元hare
レビュー日2012/02/06
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者