Ringo : スマホで暇つぶしならデジタルおもちゃ系?ゲームに見えてもゲームじゃありませんよ!無料Androidアプリ

 


通勤や通学、仕事や食事の後のちょっとした空き時間、皆さんどう過ごしていますか?
以前なら携帯ゲーム機の独壇場だった暇つぶしの方法も、最近のブームも手伝って、いまやスマホ勢力の支配下(?)です。
では、どうやってスマホで時間をつぶすか…音楽?読書?それともゲーム?
いやいや、これからはデジタルおもちゃ系(勝手に命名~!)アプリの時代ですよ!
『Ringo』は一見するとゲームのようなビジュアルですが、ゴールもラスボスも存在しないアプリです。
目的はただひとつ。延々と…ただ延々とリンゴを取り続けるアプリなんです!



アプリの特徴
  • ファミコン調のビジュアルとサウンドが魅力
  • ルールは画面に現れるリンゴを獲得するだけ
  • ちょっとした暇つぶしには最高
Ringo
価格:無料
開発:m7kenji




懐かしさを覚えるようなドット絵…でもゲームじゃありません



「とか言って実はファミコン調のアクションゲームじゃない?」

このスタート画面を見ていただくと確かにそうも見えます。画面の左上には得点カウンターらしき物も表示されています。

でも!例えゲームにしか見えなくても、これはれっきとしたゲームではない「何か」なんです。







実はこのアプリ、別途ランタイムアプリ『Adobe AIR』が必須。

『Ringo』をインストールして起動した際に、『Adobe AIR』がスマホにインストールされていないと、ダウンロードを促すメッセージが表示されます。

こことは大人しくインストールしておいてください。無料ですしね。




操作方法は指1本で大丈夫なシンプルさ



操作方法は非常にシンプル。指でキャラクターを画面中のリンゴを追うように誘導するだけです。

リンゴを獲得すると、また違った場所にリンゴが出現するので、ふたたび指を動かして、どんどんリンゴを収穫してください。

そして画面中、サイケデリックとも、ポップとも、何とも表現しにくい幾何学模様が乱舞し、誰宛とも分からないメッセージが明滅します。




独特なチープなデジタルサウンドにハマる!



ときおり流れる効果音やサウンドは、昔懐かしいファミコンサウンドを彷彿とさせるものばかり。

出現するリンゴも、突然大きい物が出現したりと、画面のリアクションに目が離せなくなりますよ!

このように画面中のリアクションを無心になって楽しむのが『Ringo』の一番の魅力です。







それと、もうひとつの魅力とも言えるのが、非常にアバウトに動き回るキャラクター。

大回りしたり、ダッシュしたり、直前で原則したり…この不規則な動きには相当ヤキモキさせられます。

ただし、ゲームではありませんから、何も影響しないし問題もありません。一言で言えばフリーダム!




イベント…みたいなものも無くはない



一定のリンゴを獲得すると表示されるカウント数や、ボーナス目指して夢中になるのも良いですし、子供のいる方なら、そのお子さんの暇つぶしにもなりますよ。

目的や、これといったルールが無い分、止めるのもかんたん。これって暇つぶしには不可欠のポイントなんですよね。




何もないのが丁度イイ感じ!なので「★★★★」!

一発勝負のジョークアプリとは違い、ついつい表示される文字や模様に意味を探ったり、収穫したリンゴの獲得数のいは限界はあるのか?

思わず考えながら遊んでしまえます。そんな絶妙な「触り心地」こそが、デジタルおもちゃ系アプリと呼ぶ所以なのです。




Ringo
価格:無料
開発:m7kenji





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名Ringo
対応OSAndroid 2.2 以上
バージョン1.1.0
提供元m7kenji
レビュー日2012/02/28
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者