Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2012/03/19 ニュース / 情報

スマホアプリの中でも、外出時などにとりわけ便利なのが「地図アプリ」。
Android標準の『Googleマップ』は高性能な分、動作は若干重めで、古めの端末では起動や動作がもたついたり、最悪の場合再起動してしまうことも…。
『軽量マップ』は、軽快な機動や動作が特徴の地図アプリです。
軽快と言っても決して単機能というわけではなく、行政区分での色分け地図や、降水量や地震情報のレイヤー機能など、Googleマップにもない便利機能を多数搭載したアプリです!



アプリの特徴

  • 『Googleマップ』より軽量&軽快な地図アプリ
  • 行政界や路線図、地形といった多彩な表示
  • 他のマップアプリで開く機能
  • 降水量や地震情報をレイヤー表示可能

軽量マップ
価格:無料

軽いけど使い勝手は良好!

軽量マップ

Androidの標準である『Googleマップ』のアプリサイズが約10MB程度なのに対し、このアプリのサイズは320KBとわずか30分の1程度。
そのため高速に起動し、その後の動作も快適です。

ピンチズームやGPSでの現在地取得、住所・施設名等での検索といった、地図アプリで必要な機能はひと通り揃っています。


様々な情報表示に対応

軽量マップ軽量マップ

地図データも「Googleマップ」ではなく、ZENRINやOPeNBOOKといったYahoo!地図のデータを採用しています。

標準表示以外に、行政界・路線図・地形図・水域図・夜間表示など、利用目的に応じて簡単に切り替え可能です。

中でも、色分け表示で都道府県や市町村の区切りがわかりやすい「行政界」や、複雑な都心の地下鉄もわかりやすく表示できる「路線図」などが便利です。


いざという時にも役立つレイヤー機能

軽量マップ

また、右上のボタンから、各種情報レイヤーを表示させることができます。

「東京アメッシュ」は首都圏限定、「国土交通省 雨量レーダー」は全国区の雨量情報です。それぞれ5分ごとに計測される降水量をほぼリアルタイムで確認できます。

降水量の推移を見ることで、「あとどのくらいでに雨が降るか」といったことを予測することもできます。


軽量マップ軽量マップ

「地震情報」では、最新10件の地震情報を取得し、震源地を地図上に表示させます。

緊急地震速報のデータがベースになっているため、地震から数秒以内に震源や地震規模を確認できます。

また「詳細」から、Webサイトで気象庁の確定情報などを確認することもできます。なお、これらのレイヤーを重ねて表示することもできます。


足りない機能は他の地図で!

軽量マップ

当然ながら、ルート検索やストリートビューといったGoogleマップの機能は利用できません。

その代わり「地図で開く」から同じ場所を別の地図アプリで表示させることができるので、普段は軽快な本アプリ、ナビとして使いたい場合はGoogleマップ…といった使い分けも可能です。



単に軽快というだけでなく、便利な機能を多数備えた地図アプリです。
現在お使いの地図アプリに動作面・機能面で不満のある方は、是非一度お試しください!





軽量マップ
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 軽量マップ
価格 無料
対応OSAndroid 1.6 以上
バージョン 1.2
デベロッパー名 shisashi
レビュー日 2012/03/16


関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る