Andmade Share : SNS&クラウドユーザー必携の複数共有も可!スマホの共有機能拡張ツール!無料Androidアプリ

 


現在開いているWebページや画像などを、他のアプリでSNSに投稿したりメールで送信したりできる、Androidならではの便利な「共有(インテント)」機能。
しかしヘビーに使っていると「ほとんど使わない共有候補アプリが増えてしまい、よく使うアプリが選びにくい」「複数のSNSに投稿する時毎回共有メニューを開くのが面倒…」といった「かゆい所」も出てきます。
今回は、不要な共有候補の非表示や並び替え、そして複数アプリへの同時共有など、かゆい所に手の届く共有機能拡張アプリ『Andmade Share』をご紹介します。



アプリの特徴
  • Androidの共有メニューを拡張するアプリ
  • 項目の並び替えや非表示が可能
  • 共有先を複数指定して順番に共有
  • Webページを直接クリップできる「Evernote fast share」
Andmade Share
価格:無料
開発:Andmade Software




自慢の写真をいろんな所にばら撒きたい!



本アプリはアプリ一覧にも表示されますが、起動しても英語のマニュアルが表示されるだけです。

使用するには他アプリの共有メニューから呼び出す必要があります。

では実際に使ってみましょう。
かわいい写真が撮れたので、これをメールで友だちに送りつつ、『Google+』と今話題の『Instagram』に投稿してみようと思います。




呼び出し方は普通の共有と同じ



本アプリをインストールしたあと、共有機能を使おうとすると共有アプリの選択画面が表示されます。

本アプリを使うならここで「Andmade Share」を選択しましょう。

毎回訊かれるのが面倒であれば「常にこの操作で使用する」にチェックを入れておきましょう。




共有メニューを自分好みにカスタマイズ



すると、標準とは違う共有メニューが表示されました。普通にタップすれば、通常通り1つのアプリに共有できます。

長押し後に上下にドラッグすると、表示の順番を入れ替えることができます。

よく使うものは上部に表示させておくと便利です







さらにチェックを入れると、「Hide」「Share」が表示されます。

「Hide」を選択すると、その共有候補アプリを非表示にすることができます。(後で再表示も可能)

これで共有メニューがスッキリ使いやすくなりました。




設定項目は非常にシンプル



なお右上の歯車アイコンから設定画面が開きます。設定項目は2つだけと大変シンプルです。

・Hidden apps…非表示にしたアプリを指定して復活
・Default e-mails…共有先メールアプリの初期宛先を指定

初期宛先に家族やブログのメール投稿用アドレスを設定しておくと、毎回入力する手間が省けて大変便利です。




共有先が次々開く「複数共有」



そしていよいよ本アプリの目玉「複数共有」を試してみたいと思います。

共有したいアプリにチェックを入れて、「Share」をタップすると、チェックを入れたアプリが順番に起動します。

まずは『Instagram』が起動しました。







投稿してアプリを閉じると、今度は『Google+』が起動しました。

そして最後にメールアプリが起動。先ほど設定したアドレスが、しっかり最初から入力されていました。

とってもお手軽に3つのアプリで画像を共有することができちゃいました!




Webだってらくらく共有!



もちろんWebページのURLでもOK。
「Evernoteにクリップしつつツイート、そしてはてブ登録」といったことが手軽に実現できます。

特に『Evernote』をイントールしていると使用できる「Evernote fast share」は、Evernoteアプリを開くことなくWebページをクリップできるというかなり便利な機能。

Evernoteユーザーなら本機能のためだけにでも使う価値アリです。



インストールアプリの多い方や、複数のSNSやクラウドサービスを使いこなしている方なら、一度使うと手放せない便利さです。ぜひ一度お試しください!




Andmade Share
価格:無料
開発:Andmade Software





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名Andmade Share
対応OSAndroid 2.1 以上
バージョン3.0
提供元Andmade Software
レビュー日2012/04/05
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
Nobuyuki Hamasaki
オクトバのライターです。