Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

管理

頻繁に使うお気に入りアプリは、いつでもすぐに起動したいものです。
他のアプリを使っている時に別のアプリを起動したい、でも一度ホーム画面に戻るのはとても面倒…そんな時に使えるアプリ『Overlay Launcher』をご紹介します。
常に画面の最前面に表示されるアイコンをタップすることでアプリやショートカットを起動できる、技アリのランチャーアプリです。



アプリの特徴

  • オーバーレイ表示でどんな画面の時も操作可能
  • フォルダ分けが可能でフォルダごとに表示のカスタマイズもできる
  • ランチャーの起動方法は2種類
  • 起動用アイコンも変更できる

Overlay Launcher
価格:無料


まずは起動させよう

Overlay Launcher

アプリをインストールしたらまずは一覧から選んで起動します。
するとホーム画面の左上にアイコンが表示されます。これがランチャーの起点となる起動アイコンです。

アイコンはオーバーレイ表示されるので、下にアイコンやウィジェットがあったり、他のアプリを起動中でも同じ位置に表示され続けます。
初めて起動した直後は画面左上に表示されますが、これは設定から画面の四隅または自由な位置へと移動することもできます。




よく使うアプリを登録しよう

Overlay LauncherOverlay Launcher

アイコンをタップするとメイン画面が起動します。
ここから右上のmenuをタップして、アプリを登録しましょう。

アプリの他にショートカットを登録することもできます。
menuからアプリケーションの追加またはショートカットの追加を選んで、登録したいものをどんどん追加していきましょう。


Overlay Launcher

登録されたものがどんどん画面に追加されていきます。

アイコンを長押しすることでそれぞれの位置変更や削除、名前の変更をすることができます。


表示のカスタマイズも!

Overlay Launcher

デフォルトの状態ではアイコンが大きすぎると感じるかもしれませんが、これも自分が使いやすいようにカスタマイズすることができます。

変更できる項目は「アイコンサイズ」「背景色」「背景画像」「文字色」の4項目です。これらを調整して使いやすいように設定します。
登録するアプリがあまり多くなると1画面に表示しきれなくなりますので、その時はアイコンサイズを小さくするか、フォルダ分けします。

現在表示されているものと別のフォルダに移動するときは画面下部の矢印アイコンのほか、画面のスワイプでも移動することができます。



アイコン長押しで簡易ランチャーに

Overlay LauncherOverlay Launcher

オーバーレイ表示されたアイコンをタップすればメイン画面が起動しますが、それとは別にアイコンを長押しすることで簡易ランチャーがポップアップで表示されます。

この時のアイコンサイズや表示される内容も設定から選ぶことができます。



どんな画面にいるときにでも、すぐに登録したアプリを起動できるのは便利ですね。
動画再生時なども常に表示されているのが邪魔に感じた時は、起動用のアイコンを自分で用意した透明なアイコンなどに変更しましょう。
こうすれば、画面の一部分をタップすればいつでも呼び出せるランチャーとして活用することもできますよ。





Overlay Launcher
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 Overlay Launcher
価格 無料
対応OSAndroid 2.2 以上
バージョン 1.1.5
デベロッパー名 dim_san
レビュー日 2012/04/17


関連記事




タグ: , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る