ふんいき三線 -簡易沖縄三線プレイヤー- : スマホでめんそーれ!いつでもどこでも気分は沖縄!無料Androidアプリ

 


日本国内でも独特の文化を持つ沖縄でも、特に印象的なのが音楽。
「三線(さんしん)」という三味線に似た楽器が奏でる音色は、まさに民族音楽といった趣で、好きな方も多いのではないでしょうか。
そんな三線の音色をスマホで楽しめるのが、今回紹介する『ふんいき三線 -簡易沖縄三線プレイヤー-』。本アプリでちょっと練習すれば、手軽に沖縄の雰囲気を演出することができますよ。



アプリの特徴
  • 沖縄三線の音を手軽に楽しめる
  • 三線の仕組みなども学べる
  • 自分の利き手に合わせて表示を変えられる
ふんいき三線 -簡易沖縄三線プレイヤー-
価格:無料
開発:IzumiArtisan



三線とは何ぞや?




まず、三線という楽器について知りたいという場合は、本アプリ起動時に「使い方」をチェックしてみましょう。

三線についての詳しい説明がありますので、ぜひこちらを御覧下さい。
三本の弦が「男弦(ウーヂル)」「中弦(ナカヂル)」「女弦(ミーヂル)」という呼び名が付いている…といった豆知識を勉強することもできますよ。



スマホの持ち方は本物の三線のように




続いては「使い方」の「操作方法」を確認します。本アプリの操作は、まさに三線そのもの!スマホを握って弦を押さえ、もう一方の手(指)で弦を弾きます。

ピンとこない方は、「弾き方動画」を併せてチェックしてみるといいでしょう。これを見れば弾き方はバッチリ!



独特の音の名前を鍵盤で確認




「簡単モード」を選択すると、鍵盤に沖縄独自の音名が乗ったものが表示されます。
この鍵盤をタップしていくだけでも三線の音が鳴りますので、雰囲気が出ますよ。

ちなみにこの鍵盤で「レ」の部分(乙)と「ラ」(中)を抜いて左から弾いてみると、それだけで沖縄音楽っぽい雰囲気を手軽に味わえますので、ぜひ試してみてください。


(西洋のドレミファソラシドからレとラを抜いたものが沖縄音階)

サウスポーでも安心




本アプリは右利き、左利きどちらでも使いやすくなっているのが特徴です。
自分の利き手にあった方で楽しみましょう。
(写真は左利き用の画面です)



沖縄っぽいサウンドのコツはコレ




ひと通り基本事項を確認したら、早速三線を弾いてみましょう。
何から弾いてみようか?という方は、まずは以下のように弾いてみてはいかがでしょうか?

四の開放(何も押さえない)を2回〜四の中〜工の開放を2回〜工の六〜工の七〜工の六〜工の開放〜工の六〜工の七…最初に戻る

こんな感じで弾くと、いかにも沖縄!的なサウンドになりますよ。
沖縄音階を意識して弾いてみると、一気に雰囲気が出ます。



慣れればちょっとした曲を演奏できそうです。他の楽器アプリと合わせてセッション…なんていうのも面白いかも。
これから夏に向け、ますます沖縄が恋しい…というアナタ、ぜひ本アプリで沖縄気分を手軽に味わってみてください。




ふんいき三線 -簡易沖縄三線プレイヤー-
価格:無料
開発:IzumiArtisan





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名ふんいき三線 -簡易沖縄三線プレイヤー-
対応OSAndroid 2.2 以上
バージョン1.2.0
提供元IzumiArtisan
レビュー日2012/05/07
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者