My365 : 1日1枚、思い出をカレンダーへ!iPhoneで100万DLの写真共有アプリがPlayストア登場!無料Androidアプリ

 


「スマホで日記を付けて公開したい」という方は多いと思いますが、どんなサービスを使えば良いでしょうか?
毎日ブログを書くのは大変だし、FacebookやTwitterなどは挨拶・写真・URLなど投稿内容が雑多になリがちで、「日々の記録」として後で見返すには不向きです。

「1日1枚」写真をカレンダーに貼っていく写真SNSアプリ『My365』を使えば、簡単手軽に毎日の思い出をカレンダーに残すことができます。
さらに『Instagram』のようなフィルターで写真を彩ったり、他ユーザーの写真を評価することもできます。
日本の学生4人が開発し、先行するiPhone版が100万DLを記録中という超話題のアプリです!



アプリの特徴
  • 1日1枚、写真をカレンダーに貼り付けていく写真SNSアプリ
  • 他ユーザーをフォローして写真の閲覧や評価が可能
  • 写真の投稿や評価をすると使用可能なフィルターが増加
  • Webサイトからもカレンダーを閲覧可能
My365
価格:無料
開発:SIROK




SNSとの連携でもっと楽しい!



まずはアカウントを登録しましょう。

Facebook、Twitterをお使いの場合、そのアカウントを使うことでSNSへの投稿やプロフィールの引き継ぎができるだけでなく、SNS上の友人の「My365」アカウントを簡単に見つけることができます。

もちろん後から友人を検索し「フォロー」することもできますよ。




写真を正方形にトリミング



アカウントを登録したら、さっそく写真を投稿してみましょう!

画面右上のカメラボタンをタップすると、カメラが起動します。『Instagram』などと同様、正方形にトリミングされるので、ガイドに従って撮影しましょう。
またシャッターボタン右のボタンをタップすることで、SDカード内の既存の画像をトリミングして投稿することもできます。




SNSへの投稿も楽チン♪



画像を撮影したら、タイトルを入力して右上のチェックボタンをタップするだけ!
Twitter、Facebookに同時投稿したり、100文字までのコメントを付けたりもできます。

画像に各種フィルターをかけるには、左下のボタンをタップします。




遊べるフィルターが盛りだくさん!



フィルターの選び方は『Instagram』風ですが、選択ボタンがプレビューを兼ねており仕上がりがイメージしやすいのが○ですね。

最初は選べる種類が少なめですが、写真を投稿したり友だちの写真を評価したりすることで、最大16種類まで増えていきます。




新着写真はフィードでチェック!



「フィード」には友人および自分の投稿写真が新着順に表示されます。

写真は最初折りたたまれており、スクロール量が少なくて済むのがナイスですね。
タップすると展開し、「いいね」やコメントを付けたりできます。




「いいね」が付いたらお知らせ!



写真を投稿したところ、わずか1分ほどで「いいね」を貰えました。
やっぱり投稿した写真に反響があると嬉しいですね!

「お知らせ」ではこれまでにもらえた「いいね」やコメントをチェックすることができます。
なおアプリを閉じていても、反響があった場合は通知させることもできます。




高評価の写真を楽しもう



なお「人気」タブでは、他のユーザーからの評価が高い写真を閲覧することができます。

クオリティの高い写真が多数投稿されており、これを眺めているだけでも楽しいですね。




思い出をカレンダーで振り返ろう





そして「カレンダー」で、これまでに1日1枚投稿してきた画像を振り返ることができます。
過去の日付をタップすれば、その日の画像を後から投稿することもできます。以前の旅行の写真などがあれば、どんどん追加しちゃいましょう!

なおMy365の公式サイトにログインすれば、パソコンの大画面でカレンダーをチェックすることもできますよ。

『Instagram』に近いサービスですが、フィルターの選択方法や新着の表示形式など、インターフェースはこちらのほうが洗練されています。
何より1日1枚という制限が、逆に「選ぶ楽しみ」を与えてくれます。ぜひ一度お試しください!




My365
価格:無料
開発:SIROK





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名My365
対応OSAndroid 2.2 以上
バージョン1.0.1
提供元SIROK
レビュー日2012/05/10
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
Nobuyuki Hamasaki
オクトバのライターです。