Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2012/05/15 ライフスタイル

Playストアには様々な時計アプリがありますが…。
「特定の時間を計測する」となると、タイマー系アプリの出番です。
運動するならストップウォッチアプリがありますし、キッチンタイマータイプもカップラーメン作りに重宝しますよね。
ただし、キッチンタイマー系アプリはストップウォッチアプリほどデザイン的に面白いが少ない気がします。
そこで今回ピックアップするのは『くまタイマ』。
その名前の通り「クマさん」をモチーフにした可愛いデザインが特徴的なアプリです。



アプリの特徴

  • 最長6時間まで計測可能なタイマーアプリ
  • クマさんの可愛い顔のデザイン
  • 完了音に独自の音楽データを割当可能
  • キッチンタイマーに最適

くまタイマ
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


のほほんとした表情のクマさんが時間を計ってくれるのです

くまタイマ

ストレートかつ、ちょっとのほほんとした癒し系の顔つきで、クマさん度はまさしく星5つといった感じのアプリです。

一見するとドコをしてタイマー系アプリなのか分からない点も良し(?)。アプリ起動直後は「5分タイマ」に設定されています。

しかし、タイマーとしての機能は意外と充実してるんですよ。


どんな煮込み料理にも対応したマルチなキッチンタイマーにも!

くまタイマくまタイマ

スマホのmenuボタンをタップするとサブメニューが表示されます。

なんと最長で6時間計測にも対応しています。牛すね肉とか頬肉の煮込みは長時間煮込む必要ありますからね。

サブメニューの「その他」を選択すると、更に細かく設定が可能です。

特に「操作音を再生しない」をタップすると無音でタイマーセッティングが可能です。


設定機能も本格的かつユニークです

くまタイマ

サブメニューの「その他の設定」を選択すると、タイマーの鳴動について変更が可能な「くまタイマの設定」が表示されます。

そこでは「タイマ完了音の設定」と、「バイブレーションの設定」が変更できます。


くまタイマくまタイマ

「タイマ完了音の設定」ではデフォルトのサウンドと、自分で用意した音声ファイル(MP3形式など)のどちらかを選択できます。

デフォルトのサウンドが非常にメロディアスで、キッチンタイマーのそっけない音を期待していると驚くほどです。

「バイブレーションの設定」では、進藤時間やその回数まで非常に細かく設定可能。


クマさんの鼻をひねるように時間を設定

くまタイマ

実際に利用してみましょう。タイマーのセッティングはクマさんの鼻にあたる部分を、ひねるような感じで回します。顔の周囲に分数のメモリも書かれていますから、必要な分数だけでひねりましょう。

その際の動作音が、アナログ(Playストアの記述でいうところのゼンマイ式)タイマーの雰囲気があって楽しいですよ。

設定中のクマさんの目つきも超キュートです!


くまタイマくまタイマ

セッティングが終了したら、後は時間が来るのを待つだけです。

起動中は、右耳でタイマー完了音のオンオフ、左耳でバイブレーションのオンオフが可能です。

また。右頬(の位置)にはポーズボタン、左頬にはリセットボタンが配置されています。

デジタルのカウントダウン方式とは違い、非常に直感的に残り時間が分かるのでキッチンタイマーとしては重宝しますよ!


時間がきたらあの手この手でお知らせします

くまタイマ

時間が来ました!

音声やバイブレーションだけでなく、クマさんの口の周りも赤く明滅しますし、通知領域にも時間が来た旨のメッセージが表示されます。

まさしく至れり尽くせりというやつです。


本格的な料理作りなどに使うのはもちろんですが、独身男性のお手軽クッキング…カップ麺やレトルト食品の加熱など…にも威力を発揮してくれます。
やはり、何に使うにしても愛嬌がないといけません!もちろん、スマホ女子の皆さんなら迷わず選んでおいて正解なアプリですね!





くまタイマ
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 くまタイマ
価格 無料
対応OSAndroid 1.6 以上
バージョン 1.0.9
デベロッパー名 windbell
レビュー日 2012/05/15

関連記事



タグ: , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る