Photo Timeline : タイムライン表示がカッコいい!スマホでライフログを振り返る画像ビューア!無料Androidアプリ

 


スマホで撮影した写真をあとから見返すとき、どんなアプリを使っていますか?
基本がギャラリー系アプリですよね。
でも、スマホは気軽に撮影できてしまうので、気がつくと膨大な量の写真が。
こうなるとギャラリー系アプリでは、それがいつ撮ったものなのか、思い出すのも一苦労。

今回ご紹介する『Photo Timeline』は端末内の画像を撮影日のタイムライン形式で表示することのできるビューアアプリです。
ライフログとして写真を振り返る事ができますよ。



アプリの特徴
  • タイムラインに沿って画像を表示
  • ジオタグの埋め込まれた画像をマップ上に表示
  • ライフログの閲覧にちょうどいいビューア
Photo Timeline
価格:無料
開発:carnero


一目瞭然!日付順に並ぶタイムライン表示





アプリを立ち上げるとSDカード内の画像が日付順に縦に並んでいきます。

その日に撮影した写真が1枚なら横1列にその写真のサムネイルが表示され、複数枚あればもう少しだけ縮小されて写真が並びます。

下に行くほど古い写真となり、新しい写真は自動的に加えられます。

普通のビューアやギャラリーアプリとはだいぶ違う表示形式ですが、とてもカッコいいと思いませんか?


1ヶ月分をまとめて表示するカレンダー表示





アイコン横のTimelineと書かれた部分をタップすると表示形式を変更できます。

Calendar形式では1ヶ月が1画面で表示されます。写真のある日付はその日に撮った最後の写真がサムネイルとして表示されます。


ツアー感覚で写真をめくっていこう





画像の1つをタップすると詳細画面になり、写真の撮影時間や機材などのExifデータが表示されます。

画像を左右にスワイプすることで次の画像に移動します。タイムラインに沿って表示させられますから、それこそ旅行の写真であれば当時を思い出しながら…なんてこともできますね。

もちろん、画像部分をピンチイン/ピンチアウトすることで画像を拡大縮小表示することができます。







googleカレンダーに予定が登録されている日はその予定が表示されます。この表示するカレンダーはオプションから選択することができます。

画像にジオタグが埋め込まれていれば大体の場所も表示されます。

これをタップするとマップが立ち上がり、撮影した場所を表示します。



ジオタグ情報のある画像のマップ表示にも対応




メイン画面右上の世界地図アイコンをタップすると、ジオタグの埋め込まれた写真の位置がマップ上に表示されます。どこで写真を撮ったのかがわかりやすくなりますね。



スマホが生活の一部となり、生活のほとんどを記録することのできる時代になって来ました。そういった生活の記録をライフログと呼びますが、本アプリは画像をライフログの1つとしてうまく表示してくれるアプリです。

普通のビューア・ギャラリー系のアプリとは少し違う位置にあるアプリだと思います。記録としての写真を振り返って見るときには、通常のギャラリーではなく本アプリを使ってみてはどうでしょうか。




Photo Timeline
価格:無料
開発:carnero





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名Photo Timeline
対応OSAndroid 2.1 以上
バージョン1.05.0
提供元carnero
レビュー日2012/05/16
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
orefolder
Androidのホーム画面をいじっていたら、いつの間にかこの業界にいました。 最近はスマホゲームも好きで、萌え系アニメ系大好きです。