My Top Apps : アプリの使用履歴をタイムラインで表示!ウィジェットで簡易ランチャーとしても!無料Androidアプリ

 


スマホのアプリは便利なものから面白いものまで千差万別たくさんあります。ついついスマホにかまってばかりで時間を忘れてしまうこともありますね。
ただ、いくら楽しいからといって物事には限度があります。スマホのいじり過ぎにも注意が必要です。

今回ご紹介する『My Top Apps』は一定期間の中でどのアプリをどれだけ使ったのかを記録・表示することのできるアプリです。
本アプリを使って自分がどれだけスマホを使っているのか把握してみましょう。



アプリの特徴
  • よく使うアプリ・最近使用したアプリを一覧表示
  • アプリの使用時間をタイムライン上に表示
  • ウィジェットを使えばランチャーとしても使用可能
My Top Apps
価格:無料
開発:Muzikant


表示内容は3つ、表示方法も3つ





本アプリではアプリの使用履歴を3つの内容で表示することができます。

まずはMRU(Most Recently Used)。これは最近の使用回数の多いアプリの一覧です。

「最近」の期間としては直近の24時間から過去1ヶ月、1年、インストールしてからすべてといった幅広い期間に対応しています。

データが溜まれば「2012年一番使ったスマホアプリ」も判明しますよ。


Details Viewで詳細表示





また、表示方法も3つあり、アイコンを並べる「Grid View」詳細をリスト表示する「Details View」そして「Timeline」の表示があります。

表示内容の2つめはLRU(Last Recently Used)です。

これは最も直近で起動したアプリを表示するものです。Details Viewで表示すれば、その起動した時刻を表示します。いつ何のアプリを起動したのかが大体わかります。


アプリの累計使用時間を把握しよう





有料版でのみの機能となりますが、「Use Duration」ではアプリの起動時間の累計を表示することができます。

これで自分がどんなアプリをどれだけ使用しているのかがわかります。

「ゲームにこれだけの時間を費やしていたなんて…」というのがわかってしまうかもしれませんね。


タイムラインでより視覚的に





そして残った1つがTimeline表示です。
これはいつ何のアプリをどれだけの時間使用していたのかをタイムラインで表示するものです。アプリの使用時間がより視覚的に理解できます。

バッテリー関係のアプリと組み合わせて、どのアプリ使用時によりバッテリーを消費しているのか、といった分析にも使えると思います。


ウィジェットで便利なランチャーに





また、本アプリにはウィジェットも用意されています。

表示できるものはアプリ内と同じMRUやLRUそしてUse Durationです。よく使うアプリを素早く起動するランチャーとしてつかうことができます。



自分のスマホの使い方ついて客観的なデータを出すことのできるアプリです。

これを見てどう活用するかは自分次第ですが、うまく付き合って行きたいものですね。今後もよきスマホライフを!




My Top Apps
価格:無料
開発:Muzikant





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名My Top Apps
対応OSAndroid 2.2 以上
バージョン1.1.0
提供元Muzikant
レビュー日2012/06/07
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
orefolder
Androidのホーム画面をいじっていたら、いつの間にかこの業界にいました。 最近はスマホゲームも好きで、萌え系アニメ系大好きです。