【イベントレポート】現実とゲームが交錯する!SCRAP新作アプリ発表会にいってきました!

 


最近Androidで人気のジャンル、脱出ゲーム。謎や暗号を解き明かして脱出する…というあれを、現実で体験できるって知っていますか?
体験型イベント「リアル脱出ゲーム」を企画しているのは、株式会社SCRAP。夜の遊園地や東京ドームなど、様々な場所からの「脱出」を企画しています。
そんなSCRAPがリリースする、1週間ゲーム第2弾『マーカスと謎の幽霊屋敷』の記者発表会にお邪魔してきました!




1週間で謎を解け!現実世界とゲームが交錯する




現実世界とゲームの時刻が連動し、リアルタイムに出来事が進んでいく「1週間ゲーム」。
プレイヤーは7日間かけて、次々に起こる事件を解いていきます。
現実の夜がくればゲームの中にも夜が訪れ、新たなヒントが提示されるかも…?







『マーカスと謎の幽霊屋敷』はイギリス郊外の町、キャッスルヒルに暮らす少年マーカスが主人公です。
8月最後の1週間、ひょんなことからマーカス達は幽霊屋敷を探索することにしました。
そこで見たものから、彼らはキャッスルヒルを揺るがす陰謀に巻き込まれていくのです…







用意されたパズルはひらめき系、論理系、メカニカルパズル…と多種多様。町の人の「つぶやき」をヒントに解いていきましょう。
「つぶやき」は現実の時刻に添って増えていくので、時間が経たないと解けない謎も出てきます。
町の人の動きを追っていくことで、あなたもキャッスルヒルの住人気分を味わえるかもしれません!



世界中のユーザーに楽しんでもらいたい




1週間ゲーム第1弾『人狼村からの脱出』は、のべ参加人数10万人超のリアル脱出ゲームをアプリ化したもの。
SCRAP代表の加藤氏によると、「SCRAPのファンを裏切らないゲーム」である前作に対し、新作では「物語に親しんだことがある、全ての人に楽しんでほしいゲーム」を目指したそうです。


前作をプレイした人たちの意見を元に、謎をボリュームアップ。
グローバル展開を意識して、舞台をイギリスに設定しました。英語版アプリは現在準備中。
世界中の人が「Real Escape Game」に親しむ日も近いですね!

記者発表会だって尋常じゃないんです




そしてリアル脱出ゲーム「ある記者発表会からの脱出」も体験!
制限時間40分のショート版ながら、かなり白熱した謎解きを楽しむことができました。
脱出できたのは5グループ中2グループ。オクトバが参加したグループは、みごと脱出成功です!


散らかったテーブルから、苦闘の跡を感じとっていただければ…「これが正解だ!」と思えたときの爽快感は、ヤミツキになること間違いなしです。

サンフランシスコのJ-POP SUMMITでは「リアル脱出ゲーム×エヴァンゲリオン ある使徒からの脱出」が再演されるなど、活躍の場が広がっているSCRAP。
『マーカスと謎の幽霊屋敷』は8月リリース予定。キャッスルヒルでは、一体どんな謎が待っているのでしょうか?







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者