Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2012/07/25 有料アプリ, 設定

スマホには端末の設定項目がいくつもあって、場面によってそれを使い分けている人も多いと思います。
その設定変更を簡単にするためにスイッチ系のウィジェットを置いたり、通知領域から変更している人もいると思います。
でも正直…面倒ですよね。
今回ご紹介する『Auto Settings』はシステムの状態が変化した時、また指定したアプリを起動した時に自動的に設定変更してくれるアプリです。
バッテリー残量が低下した時にW-Fiをオフにしたり、マップアプリ起動時にだけGPSをオンにしたい、といったことが実現できます。



アプリの特徴

  • アプリごとに端末設定を自動変更
  • スリープ時など、端末状態でも設定変更可能
  • ホームボタンで元の設定に復帰

Auto Settings
価格:¥150

メイン画面はシンプルでわかりやすい

Auto SettingsAuto Settings

初めて起動するときにはチュートリアルが表示されますので、これを読めばひと通りの設定方法はわかると思います。

メインの画面ではメニューは3つ。中央のボタンをタップしてONにすれば、本アプリの設定が有効になります。

とは言っても、最初は何の設定も登録されていないので、まずは「リスト」で設定登録をしましょう。


設定変更の条件を選択

Auto SettingsAuto Settings

本アプリで設定を自動的に変更をするためのキーとなる条件は2種類あります。1つは「指定したアプリを起動した時」で、もう1つは「システム状態が変更された時」です。

まずは「マップが起動した時にGPSをオンにして、画面をスリープしないようにする」という設定をしてみましょう。

「新しい設定を追加する」をタップするとアプリ一覧が表示されるので『マップ』を選択します。


アプリごとの設定内容を登録

Auto Settings

『マップ』が起動した時に設定項目をどうするのかを、それぞれ設定していきます。

設定できる項目は以下のとおりです。
・モバイルデータ通信
・Wi-Fi
・GPS
・Bluetooth
・画面の自動回転
・スリープまでの時間
・画面の明るさ
・メディア音量
これらの設定は自動で変更されますが、GPSについては直接変更することができないので、設定画面が開かれます。


アプリ起動時に変更結果を表示

Auto Settings

最初の画面で本アプリをONにすることで、設定が有効になります。

実際にそのアプリを起動すると、本アプリによる設定が行われたというお知らせが表示されます。

このあと、ホームボタンを押してホーム画面に戻ると、設定変更が解除されて元の設定に戻ります。戻るキーでアプリを終了させても、設定は元には戻りませんので注意が必要です。


システム状態による設定変更

Auto Settings

アプリを起動した時だけではなく、システムの状態が変化した時にも設定を変更することができます。

キーとなる条件は以下のとおりです。
・システム起動時
・バッテリー残量低下時
・ヘッドフォン接続時
・ヘッドフォン切断時
・電源接続時
・電源切断時
・スリープ復帰時
・スリープ時

バッテリーの持ちのためにスリープ時にはデータ通信とWi-Fiをオフにしておく、といった使い方ができますね。



設定を変更したい時、というのは案外パターン化されているものです。なので、本アプリを使ってそれらを自動化してしまうと楽になりますし、忘れることもなくなります。

また、本アプリには機能制限された無料版の『Auto Settings Free』もあります。

こちらは「アプリを登録できる数が2つまで」「システム状態をキーとする設定がない」というものになっています。まずはこちらを使って機能を試してみてもいいでしょう。





Auto Settings
価格:¥150

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 Auto Settings
価格 ¥150
対応OSAndroid 2.2 以上
バージョン 1.5.1
デベロッパー名 TAC
レビュー日 2012/07/23


関連記事




タグ: , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る