【ニュース】米Instargram、「フォトマップ」などの閲覧機能を強化した最新版『Instargram』アプリの公開開始を発表

 





米Instagramは、8月16日(米国時間)付けの同社の公式ブログ上にて、写真共有サービス「Instagram」のAndroid版(及びiOS版)アプリのアップデートと、GooglePlayストアでの配信開始を発表した。
今回のアップデートによるバージョンは「3.0.4」で、対応OSはAndroid2.2以上。料金は無料だ。
同社のブログによれば、今回のアップデートにおけるテーマは、ブラウジング体験の強化としている。



ジオタグ情報からマップ上に画像を表示できる「フォトマップ」

「フォトマップ」機能の利用は非常にかんたんで、画像を撮影した後にプロフィール画面へ移動すると、アップデート済みであれば「フォトマップ」という項目が追加されているのでタップするだけ。
タップすると、(ジオタグ情報を含む)画像があればGoogleマップが起動し、その画面上に撮影した画像も表示される仕組みだ。
もちろん、すでに撮影済みの画像データも「フォトマップ」に付け加えることも可能となっている。

マップ上に表示されている画像をタップすると拡大表示される。
【アプリ利用イメージ/フォトマップ機能】




【関連情報】
Instagram 3.0 – Photo Maps & More(全文英文)|Instagram Blog
Instagram|GooglePlayストア







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者