スタートメニュー(アンドロイド用) – AD : 意外と便利かも?Windowsのアレっぽいランチャー!無料Androidアプリ

 


Windowsの新しいバージョン、Windows8が10月26日に発売されますね。
この新しいOSでは、従来あった「スタートメニュー」がなくなってしまうそうです。私、毎日使っているんですけどね。

Windowsから消えてしまうのならAndroidで使えばいいじゃない!
…というわけではありませんが今回ご紹介する『スタートメニュー(アンドロイド用) – AD』はWindowsのスタートメニューをモチーフとしたランチャーアプリです。

アプリの特徴
  • Windowsのスタートメニューのようなランチャーアプリ
  • アプリ非表示やフォルダも作成可能
  • スキンは別途ダウンロードで変更可能
スタートメニュー(アンドロイド用) - AD
価格:無料
開発:ChYK


起動はショートカットから



本アプリはショートカットから起動するアプリになります。

ホーム画面を長押しして、ショートカットの追加メニューから「スタート」という名前になっている本アプリを選びます。

Windowsっぽいランチャー画面



作成されたショートカットをタップすると、Windowsの画面で見慣れたものとよく似たランチャーが起動します。
使用頻度の高いアプリが並び、最上段はお気に入りとして指定したアプリを置くことができます。

「すべてのアプリケーション」画面に移れば、他のインストールされているアプリを起動することができます。ここではフォルダを作って階層的にしたり、必要ないアプリを非表示にすることもできます。

ウィジェットを置くことも可能



「環境設定」からウィジェットを設定すると、スタートメニューの右上にウィジェットを表示可能です。

あまり大きいと邪魔になるので、小さくて機能的なものを置くと便利でしょう。

スキンで他のOS風にも変身



スキンを変えることで、Windows7風やMacOS風の見た目に変更することもできます。機能は変わりませんが、自分の使っているOSに合わせると気分良く使えるかもしれませんね。




スタートメニュー(アンドロイド用) - AD
価格:無料
開発:ChYK





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名スタートメニュー(アンドロイド用) - AD
対応OSAndroid 2.2 以上
バージョン1.1.0
提供元ChYK
レビュー日2012/09/15
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
orefolder
Androidのホーム画面をいじっていたら、いつの間にかこの業界にいました。 最近はスマホゲームも好きで、萌え系アニメ系大好きです。