そして もくてきちへ : きたへ◯ほ、ひがしへ◯ほ!目的地までの距離を歩数で計測!無料Androidアプリ

 



アラサーアラフォー世代の心をグッと掴むもの…それが「ドット絵」です。
今回ご紹介する『そして もくてきちへ』はドット絵のドロイドくんが、目的地までの距離を某RPG風に「きたへ◯ほ、ひがしへ◯ほ」と教えてくれるアプリです。
古参ゲーマーならニヤリとできる要素が満載ですよ。

アプリの特徴
  • 某RPG風に目的地までの距離を教えてくれるアプリ
  • 全体的に懐かしのドット絵風のアプリ画面
  • シェアするときにニヤッとするヒトコトが加わる
そして もくてきちへ
価格:無料
開発:monolith.


ドット絵のドロイド君がお迎え



初めてアプリを起動すると、まず自分の名前を入力することになります。
入力できる名前は平仮名で4文字まで。これだけでニヤっと来る人もいるのではないでしょうか。
ちなみに濁音・半濁音は2文字(は゛)ではなく1文字(ば)で入力できるのでご安心を。



名前を入力したら、さっそく「はじめる」から目的地までの距離計測を始めてみましょう。

アプリを利用するごとに、左下のステータスウィンドウの数が増えていきます。

目的地をタップで指定するだけ



操作は簡単。現在位置が中心となってマップが表示されますので、目的地まで移動して画面をタップするだけです。この時のマップはもちろん拡大縮小もできます。

位置の確認時にマーカーが表示されるのですが、これもまたドット絵になっているところが細かいですが嬉しい点ですね。

歩数で距離をお知らせ



目的地を確定させると、計測が始まります。
目的地までの距離は「きたへ◯ほ、ひがしへ◯ほ」と歩数で表示されます。

また、その表現の通り、直線距離ではなく南北の距離と東西の距離がそれぞれ表示されます。
昔のゲームは「斜め移動」なんてありませんものね。

ちなみに1歩あたり約70cmほどで計算しているようです。

ヒトコトを加えてメールやtwitterでシェア



本アプリでは、計測の結果をメールやtwitterなどで共有することができます。
ただ結果を共有するだけでなく「ファン心をくすぐるヒトコト」がランダムで挿入されるようになっており、ここでまたニヤっとしてしまうのです。

現在地からの距離しか測れませんし、それも歩数ということで、実用的かと言われると「?」です。
しかし、ドット絵のゲームで育った世代の方には、ぜひ一度お試しいただきたいアプリ。ついニヤっとしてしまいますよ。




そして もくてきちへ
価格:無料
開発:monolith.





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名そして もくてきちへ
対応OSAndroid 2.1 以上
バージョン1.2
提供元monolith.
レビュー日2012/10/31
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
orefolder
Androidのホーム画面をいじっていたら、いつの間にかこの業界にいました。 最近はスマホゲームも好きで、萌え系アニメ系大好きです。