Memento Database : カスタマイズ自在なデータベース作成アプリ!英語に負けずざっくり解説!無料Androidアプリ

 



『Memento Database』は、どんな情報でもデータベース化できるパーソナルデータベース作成アプリです。
項目を自由に使いやすく作りかえることができるので、自分だけのデータベースが簡単に作れます!

という説明を読んで、「それは便利!…でも英語」と踵を返す方、少なくないと思います。
そこで今回は、英語の全くわからない私が手探りで、この便利さをご紹介します!

アプリの特徴
  • パーソナルデータベースが作成できる
  • 項目のカスタマイズが自由自在
  • パスワードで情報を護る
  • 直感的なUIで「触ってみれば何とかなる」!
Memento Database
価格:無料
開発:LuckyDroid



データの入れ物「ライブラリ」を作る


ひな型の一覧から、作りたいものに近いものを選びます。
と言っても、項目は全て変更可。どうとでもなります。



まずは項目を全部日本語にしてしまいましょう。
全部使う必要はありません。とにかく「自分が入力したい内容」を入れればいいのです。



トップに戻り、先ほど作ったライブラリを選ぶと入力欄になります。
これをたくさん入れていけばデータベースの出来上がりです!

キモは項目のカスタマイズ!


項目を作る際に重要なのが「Field type」。「どんな風に入力したいのか」。
上記画像の他にもチェックボタン、レーティング(5段階)など様々な種類があります。



もうひとつは「Field function」。リスト形式で見たときに表示される項目を選べます。
とくに画像は「Thumbnail」にしておくと便利です。



もちろん検索機能やお気に入り機能、パスワードでロックをかけることもできますよ!

さらに連携して使いやすく!


ひな型一覧の「From online catalog」には、他のユーザが公開しているひな型があります。こんな使い方があったのか!なんて発見も?
また『Googleドライブ』と同期させることで、PCからも管理・閲覧ができるようになります。入力作業がぐっと楽になりますね!

本当はもっともっといろんなことができるのですけれど、「英語がわからなくてもここまでできたよ!」ということで。

ちなみにデータベースを作る際のコツは「無理をしない」ことだそうです。
手持ちは少しずつコツコツと、でも新しく入手したものは確実に入力。というのが大切なんだと聞きました。ご参考までに。




Memento Database
価格:無料
開発:LuckyDroid





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名Memento Database
対応OSAndroid 2.2 以上
バージョン2.0.5
提供元LuckyDroid
レビュー日2012/10/26
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者