Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2012/11/7 コミュニケーション

はなして翻訳

SF作品などでよく出てくる「自動翻訳機」が、遂に現実のものとなりました!
NTTドコモがリリースした『はなして翻訳』は、アプリを通じて電話や会話をするだけで、交互の言語に翻訳して会話できるという夢のアプリ。
利用できるのはドコモユーザー限定ですが、通話相手は誰でもOK!
しかも無料(通話・通信料別)で利用できるということで、さっそく試してみました!

アプリの特徴

  • 話した言葉をテキスト&音声で自動翻訳
  • 1台の端末を使った対面翻訳と、お互いの通話内容を翻訳する電話翻訳
  • アプリはドコモユーザー限定だが、通話先のキャリアは不問

はなして翻訳
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


目の前の相手も電話越しの相手もOK!

はなして翻訳

本アプリには1台の端末を使って目の前の相手と会話ができる「対面モード」と、交互に翻訳しながら通話ができる「電話モード」があります。
海外旅行でのコミュニケーションから国際通話まで、さまざまなシチュエーションで役立ちます。

はなして翻訳

現在利用できるのは英語・中国語・韓国語の3つ。一方は必ず日本語である必要があります。
さらに今後リリース予定の辞書をインストールすれば、イタリア語やフランス語にも対応するとのこと。

「対面モード」は1台でOK

はなして翻訳

自分の言語に対応した「話す」ボタンをタップすると、話した内容がテキストと音声で翻訳されます。

話した内容の認識結果と、翻訳結果を更に訳した「再翻訳」も表示されるので、ちゃんと翻訳されているか確認することもできます。

通話相手は誰でもOK!

はなして翻訳

連絡先一覧、もしくは直接ダイヤルして発信先を指定しましょう。

なお発信元が『はなして翻訳』であれば、受信側がインストールされていなくても翻訳可能です。ドコモ以外のキャリアや固定電話への通話でもOK!
ただし、「発信側は3GまたはLTEの接続が必須」という点にご注意を。(Wi-Fi不可)
また海外で使うには設定が必要なので、詳しくはサービス詳細のページをご覧ください。

はなして翻訳

受話側にも『はなして翻訳』がインストールされている場合はアプリが起動し、上記と同じ操作で利用できます。

もし受話側にアプリがインストールされていなければ、ダイヤルキーで操作します。
最初に受話側の言語で機能説明があり、0を押して利用同意。
その後は「1を押して発言→9を押して翻訳」という操作になります。

認識や翻訳の精度はさすがに100%とは行かないものの、はっきりした発音で簡潔に話せば充分会話になるレベル。
言葉の壁を取り払う、まさに夢のアプリです!





はなして翻訳
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 はなして翻訳
価格 無料
対応OSAndroid 2.2 以上
バージョン 2.0
デベロッパー名 NTT DOCOMO
レビュー日 2012/11/06


関連記事




タグ: , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る