Android(>アンドロイド)ニュース

2012/12/10 Android(アンドロイド)ニュース

無料通話・無料メールアプリの「LINE」のPC版にも音声通話機能が追加されたことにより、Android/iOS/Windows/Macで音声通話が可能になった。
またKDDIが月額590円で電子書籍を読み放題のサービス「ブックパス」の提供を開始した。



サービス・アプリ

(1) LINEのPC版でも音声通話が利用可能へ

いまや多くのスマートフォン・ユーザーが利用する無料通話・無料メールアプリの「LINE」だが、Android版、iPhone版に加えてPC版でも音声通話機能が利用できるようになった。これによりAndroid/iOS/Windows/Macから音声通話が可能になっている。

【Androidニュースのまとめ】 2012年12月1日 ~ 2012年12月7日

もちろんそれぞれのプラットフォームで相互に通話することが可能で、さらに、PC版とスマートフォン版の同時着信通知ができる。同時着信した場合はどちらの端末で応答するか選択できるので、利便性が今まで以上に向上している。また、PC版では音声通話をしながらのトーク(チャット)も可能だ。

(2) KDDIが月額590円の電子書籍読み放題サービス「ブックパス」を提供開始

KDDIは月額590円で電子書籍を読み放題のサービス「ブックパス」の提供を開始した。まずは「auスマートパス」のユーザー向けの先行提供となり、2013年4月以降に一般提供が始まる。2013年3月末までの先行提供期間中は月額利用料は無料だ。

また、ブックパスのサービス提供にあわせ、「LISMO Book Store」がリニューアルされ、ブックパスに統合されることになった。

【Androidニュースのまとめ】 2012年12月1日 ~ 2012年12月7日

ブックパスでは、読み放題プランとアラカルト購入が利用でき、読み放題プランでは対象書籍に限り、読み放題できる。一方、アラカルト購入は従来の電子書籍サービスと同様、一冊ごとに書籍を購入するプランだ。

(3) KDDI、「au one メール」を終了へ

KDDIは「au one メール」を2013年9月30日をもって提供終了する。先行して2013年3月31日に新規申込の受付が終了される。また、フィーチャーフォンからのアクセス・利用については2013年3月31日を最後にできなくなるので注意したい。PC、スマートフォンからのアクセス・利用は2013年4月以降、9月30日までは可能だ。

スマートフォンの普及に伴い携帯電話ユーザーのGmail利用も進み、au one メールの役目も終わりを迎えることになったといえそうだ。実際、今回の決定は利用者の減少が理由となっている。

(4) 日本交通がカード情報を事前登録した場合にスグ降りれる決済サービスを提供開始

日本交通が提供するスマートフォン向けアプリ「日本交通タクシー配車」に新しい機能が追加された。事前にクレジットカード情報を登録した上でアプリから配車を依頼すると、降車時の決済手続きが不要になる、というものだ。降車時はメーターの金額確認とご利用控えを受け取るだけでいい。

【Androidニュースのまとめ】 2012年12月1日 ~ 2012年12月7日

さらに、本人以外の第三者利用にも使うことができる。例えば、親が子供にタクシーを利用させる際、タクシー代を持たせる必要がなく、親の「日本交通タクシー配車」アプリを介してクレジットカードで決済される。

通信サービス

(1) 小田急線の駅・列車内でWiMAXが利用可能へ

UQコミュニケーションズは小田急線の各駅、列車内でWiMAXサービスを利用できるようエリア整備を行う。現在も屋外設置された基地局によって地下ホーム駅などを除く駅構内、列車内でもWiMAXを利用できるが、今後の整備によって地下ホーム駅でも利用できるようになる。新宿駅、成城学園前駅、町田駅、本厚木駅などについて2013年3月末までに順次エリア整備を行う。

【Androidニュースのまとめ】 2012年12月1日 ~ 2012年12月7日
特急ロマンスカー・EXE

さらに、小田急電鉄は12月13日から特急ロマンスカー・EXE(30000形)の4編成において、公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」と「Wi2 300」を導入する。これらの公衆無線LANサービスのバックホール回線にはWiMAXが使われる。

あとがき

この2、3週間はスマートフォン・タブレットなどの新商品に関する話題は乏しいですね。新商品発表会が終わり、今は各端末が順次リリースされている段階ですので、発売のニュースは続いても、新発表はない状態です。とはいえ、気になるサービスのニュースはいくつかありました。

特に日本交通のタクシーアプリにおける新しい決済サービスは便利そうです。急ぎの場合など、かなり短い時間で降車できそうなので、助かるかもしれませんね。また、ビジネス利用においてもかなり使える決済サービスになりそうです。

GAPSISがお伝えしました。次回もお楽しみに!







関連記事




タグ:

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る