Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

管理

TrafficAssistant

スマホはどうしても通信量が多くなってしまうので、多くの皆さんは各キャリアの定額プランを使っていると思います。
定額で使い放題とは言っても、一定以上の通信を行うと速度制限がかかってしまいますよね。
そうならないように、スマホの通信量をチェックして1ヶ月ごとや直近3日間等の通信量を表示できるアプリが、今回ご紹介する『TrafficAssistant』です。

アプリの特徴

  • スマホの通信量を監視・表示するアプリ
  • 直近x日間の通信量を表示できるので、「直近3日対策」にピッタリ
  • 通知領域・ウィジェットで通信量を確認できる

TrafficAssistant
価格:無料

通知領域に通信量を表示

TrafficAssistant

本アプリを導入し、記録を始めると通知領域に「本日の通信量」が表示されます。また、ウィジェットでも通信量を3つの期間で表示します。

このどちらかをタップすると、より詳細なデータを見ることができます。

3種類の期間の通信量を表示

TrafficAssistant

主に3種類の期間の通信量が表示されます。
日次制限…その日1日の通信量
後方制限…直近x日間の通信量(期間は指定可能)
期間…指定日から1ヶ月の通信量

通信量を測定するアプリは他にもたくさんありますが、本アプリでは他ではあまり見ない「直近3日間の通信量」を表示することができます。3日間で1GB以上といった大量の通信をすると速度が制限される可能性があるようなので、これもチェックしておきたいところです。

直近3日対策だけなら設定は簡単

TrafficAssistant

本アプリの使い方は他にもありますが、「直近3日対策」をするには以下の設定を行います。
1.アプリ一覧から本アプリを起動。
2.「一般」タブで「仮想パケットサイズを使用します」をONにする
3.「制限」タブで「後方制限を有効にします」をONにする。後方制限の期間を3日、容量を1GBにするのを忘れずに。

これで「後方制限」の欄にて「直近3日間の通信量」を表示することができます。一定量を超えると警告を出すようにすることもできます。

よほどヘビーに使わなければ、1ヶ月に7GBや3日で1GBも使うことは無いと思いますが、いざというときに速度制限されないよう、ちょっとは気をつけておきたいところです。
そんなに使ってないよ、という方も、一度インストールしてみて、自分がどれくらい通信しているのか把握しておくのも悪くないと思いますよ。





TrafficAssistant
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 TrafficAssistant
価格 無料
対応OSAndroid 2.2 以上
バージョン 1.0.8
デベロッパー名 purple.wave
レビュー日 2013/01/30


関連記事




タグ: , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る