おやこでスマほん 絵本(えほん)を越えた知育アプリ : 幅広い年齢で楽しめる知育絵本アプリ!無料Androidアプリ

 

知育アプリのほとんどは1~2歳児、あるいは3~5歳児向けのものに分けられます。
前者は動くものに興味を示し、後者は興味の範囲が広がるお年頃で、どちらも「自分に対して反応を見せる」スマホアプリと相性がいいんですよね。
でもこの『おやこでスマほん 絵本(えほん)を越えた知育アプリ』の対象年齢は8ヶ月~12歳という幅広さ!
あくまでも知育であって学習とは違う、絵本を越えた世界をご紹介します。

アプリの特徴
  • 8ヶ月~12歳までを対象とした知育アプリ
  • 発達に合わせたいろいろな遊び方
  • 動きが豊かでこどもが喜ぶ
  • 親子で一緒に楽しみながら考えられる
おやこでスマほん 絵本(えほん)を越えた知育アプリ
価格:無料
開発:SMARTEDUCATION,LTD


ずらりと並んだ本棚

起動してまず、本棚の豊かさに驚かれるのでは。
残念ながらほとんどが有料コンテンツなのですが、大きく5種類に分かれた棚のうち、それぞれひとつずつお試し版があります。

「つなげっと」が面白い!

「つなげっと」は街に暮らす人々を繋げて遊ぶ、カードゲームのような絵本です。
この広い街に、たくさんの人々。その姿がリアルでもあり、仕込まれた小ネタが愉快でもあり。

例えば、火事の現場と消防隊員を結びつけたり。
その一方で「えっ、こんな繋がりが?!」と驚くことも。このカードの相手、…わかりますよね?

ルールを変えて遊び方を選べるので、こどもに合わせて違う楽しみ方ができます。

定番の仕掛け絵本も

童話をやさしく読み上げてくれる絵本は、タップで動く仕掛けがたくさん仕込まれています。
朗読のON/OFFもできるので、お母さんの語りかけてあげることも。

身近なものを楽しく紹介する「はじめてのことば」。
マイクで「いす」などと呼べば反応する仕掛けもついています。

我が家では8歳4歳の兄妹で一緒に触らせてみたところ、「つなげっと」に興味津々。
さすが小学生はルールの把握が早く、妹をフォローしながら楽しんでいました。「つなげ~っと!!」というキメ台詞も印象深く、男子ゴコロを揺さぶったようです。
盛りだくさんだけに、電池の消費も早めです。コンテンツのDLもありますし、電池残量には余裕を持ってお試しくださいね。




おやこでスマほん 絵本(えほん)を越えた知育アプリ
価格:無料
開発:SMARTEDUCATION,LTD





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名おやこでスマほん 絵本(えほん)を越えた知育アプリ
対応OSAndroid 2.2 以上
バージョン2.03
提供元SMARTEDUCATION,LTD
レビュー日2013/02/06
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者