Android(>アンドロイド)ニュース

2013/03/8 Android(アンドロイド)ニュース

【最新アップデート】『Google 日本語入力』がマッシュルーム、キャリア絵文字変換、高さ変更など大幅機能追加

Googleは7日、Android向けキーボードアプリ『Google 日本語入力』の最新版(1.9.1362.3)をリリースした。
入力を補助する外部アプリ「マッシュルーム」の呼び出しに対応したほか、QWERTYキーボードにカーソルキーの追加、キーボードサイズの変更、入力補正機能など、大幅に機能が拡張された。

対応機種はAndroid 2.1以上の端末で、Google Playストアより無料でダウンロード、使用できる。



マッシュルーム対応

【最新アップデート】『Google 日本語入力』がマッシュルーム、キャリア絵文字変換、高さ変更など大幅機能追加

字種切り替えキー長押しから、入力を補助する各種外部アプリ「マッシュルーム」の起動が可能になった。

キャリア絵文字・Unicode絵文字変換

【最新アップデート】『Google 日本語入力』がマッシュルーム、キャリア絵文字変換、高さ変更など大幅機能追加

キャリア絵文字が変換候補に追加されたことで、絵文字パネルを開くことなく入力が可能になった。
Android4.1以降の端末であれば、Unicode絵文字も変換可能。

キーボードサイズ変更

【最新アップデート】『Google 日本語入力』がマッシュルーム、キャリア絵文字変換、高さ変更など大幅機能追加

キーボードの高さを現行の0.7倍~1.3倍まで調整可能になった。

【最新アップデート】『Google 日本語入力』がマッシュルーム、キャリア絵文字変換、高さ変更など大幅機能追加

また、画面の幅が広い端末の場合、キーボードの全幅表示以外に右寄せ/左寄せの設定が可能になった。
タブレット端末の場合、アプリが全面に表示され、その上にソフトウェアキーボードが表示される。

変換補助

【最新アップデート】『Google 日本語入力』がマッシュルーム、キャリア絵文字変換、高さ変更など大幅機能追加

ミスタイプと思しき場合、自動的に正しいと思われる変換結果を表示するようになった。

【最新アップデート】『Google 日本語入力』がマッシュルーム、キャリア絵文字変換、高さ変更など大幅機能追加

また長い文章を変換する際、先頭文節だけの変換候補も表示するようになり、変換対象を選択する手間が少なくなった。

その他、多くの機能が追加・改善されている。

【変更点一覧】

  • 配色を変更する機能を追加
  • 記号画面とキーボード折り畳みボタンのデザインを変更
  • 設定画面の構成を変更
  • QWERTY 配列にカーソルの右移動キーと左移動キーを配置
  • キーボードの高さを調節
  • 画面の幅が一定以上に大きい端末において、キーボードを左右どちらかに寄せて表示する機能を追加
  • 入力補正機能を追加
  • 自動部分確定機能を追加
  • Unicode絵文字を変換候補に追加(Android 4.1以降のみ)
  • キャリア絵文字を変換候補に追加
  • 自動かな修飾変換の有効/無効を、設定画面で切り替え
  • マッシュルームに対応
  • バイブレーションの長さと操作音の大きさ設定
  • ハードウェアキーボードにおける修飾キーの扱いを改善
  • Android 4.2 以降のマルチユーザ機能を有効にしていたときに、管理者以外のユーザでユーザ辞書の編集や学習結果の保存ができなかった問題を修正

【関連情報】
Android 版 Google 日本語入力をアップデートしました。(1.9.1362.3)|Google Japan Developer Relations Blog







関連記事




タグ:

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る