Opera ブラウザ ベータ版 : 使いやすさはそのままにWebkit移行で生まれ変わったOperaを見よ!無料Androidアプリ

 

Webブラウザは「レンダリングエンジン」と呼ばれるプログラム群を使って、データを実際に画面に表示させています。Androidアプリのブラウザの多くは「Webkit」というエンジンを使っています。
主要なブラウザの1つ「Opera」はこれまで独自のエンジンを使ってきましたが、今後はWebkitを使うと発表しました。そしてOpera初のWebkitを搭載したブラウザが『Opera ブラウザ ベータ版』です。

アプリの特徴
  • Webkitを搭載したOperaが登場
  • データ圧縮モードで転送量を抑えることができる
  • 最新ニュースを届けてくれるディスカバー機能
Opera ブラウザ ベータ版
価格:無料
開発:Opera Software ASA


スピードダイアルは編集が簡単

起動直後や新規タブに表示されるのは、スピードダイアルというブックマーク群です。
この項目はホーム画面でのアイコンのように、長押しで移動させたり、アイコンを重ねてフォルダを作ることができます。

最新ニュースを、ブラウザの機能で

スワイプで右に移動すると、様々なニュースがカード型に並ぶ「ディスカバー機能」が表示されます。
表示されるニュースのジャンルは設定から選ぶことができるので、自分好みのニュースにすることができます。

データ圧縮モードで転送量を大幅削減

リンクや画像を長押しすると、吹き出し風のメニューが表示され、タブで開いたり画像を保存することができます。

また、メニューからデータ圧縮モードに切り替えることができます。
データを圧縮することで転送量を抑えることができるので、転送量に制限のある場合には良さそうです。
どれだけ圧縮されたのかが数字で表示されるのがまたいいですね。

ただ、データ圧縮モードになるとレンダリングエンジンがWebkitから元のOperaのものに変わるようで、通常とは表示が若干変化してしまう場合があります。

オフライン用にページ保存も可能

そのほか、メニューから「オフライン用に保存」を選ぶと、現在のページを保存することができます。
保存したページはスピードダイアルから表示することができ、圏外などオフラインの状態でも見ることができます。

Webkitに変わっただけでなく、全体的にデザインもスッキリして設定項目もこれまでのOperaに比べて少なくなっています。そこまで多用しないライトなユーザーなら十分だと思いますが、現状では細かくカスタマイズしたい人にはちょっと物足りないかもしれませんね。

最後に、公式のプロモーション動画をご覧ください。
Discover our best browser for Android|YouTube




Opera ブラウザ ベータ版
価格:無料
開発:Opera Software ASA





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名Opera ブラウザ ベータ版
対応OS端末により異なります
バージョン端末により異なります
提供元Opera Software ASA
レビュー日2013/03/29
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
orefolder
Androidのホーム画面をいじっていたら、いつの間にかこの業界にいました。 最近はスマホゲームも好きで、萌え系アニメ系大好きです。