Android(>アンドロイド)ニュース

2013/04/10 Android(アンドロイド)ニュース

【最新アップデート】Adobe、「Flash Player」の脆弱性を修正 Android向けにも専用サイトでアップデートを提供

米Adobe Systemsは9日(現地時間)、Flash PlayerのセキュリティアップデートをWindows、Mac、Linux、Android向けに公開した。
今回のアップデートでは、複数の脆弱性が修正されている。特にWindows向けは優先度が一番高い「1」で、早急なアップデートが推奨される。

Android向けの修正は優先度が一番低い「3」で、同社のアーカイブサイトからのみダウンロードでき、Playストアでは公開されていない。



手動でのみ更新が可能

同社ではAndroid向けFlashPlayerの開発を終了しており、Playストアでの公開も終了している。
しかし、同社のアーカイブサイトでは以前apkファイルを公開しており、今回セキュリティアップデートされた最新版もダウンロード可能となっている。

過去にPlayストアやアーカイブサイトからインストールしている場合、更新には同サイトより手動でダウンロードして更新する必要がある。
その際、Android設定画面の「提供元不明のアプリ」にチェックを入れておく必要があるので注意されたい。詳しくは関連記事を参照のこと。

そのほか、Windows、Mac、Android向けAdobe AIRも3.7.0.1530に更新されており、Android版についてはPlayストアより更新できる。

【最新バージョン】

  • Android 4.x:11.1.115.54
  • Android 2.x and 3.x:11.1.111.50

 
【アーカイブサイト】

【関連情報】
Adobe – Security Bulletins: APSB13-11 – Security updates available for Adobe Flash Player

【関連記事】
【Androidスマホのコツ】スマホでもFlashを楽しむ!Playストアから姿を消したFlash Playerをインストールする方法!







関連記事




タグ: , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る