【最新アップデート】フェンリル、『Sleipnir Mobile for Android』2.9リリース タブバー・パネルがカスタム可能に

 

フェンリル株式会社は11日、Android向けアプリ『Sleipnir Mobile – ウェブブラウザ』の最新版をリリースした。バージョンは2.9.0。

今回のアップデートでは、任意機能をタブバーから実行できる「カスタムボタン」と、任意機能を配置できる「カスタムパネル」が追加された。
対応機種はAndroid 2.1以上の端末で、Google Playストア、または公式サイト上でapkを直接ダウンロード・使用できる。

タブバーに置ける「カスタムボタン」

ページ下部の「タブバー」上に、任意機能・ブックマークのボタンを自由に配置できるようになった。
タブバーが非表示になるフルスクリーン時の表示有無も、任意で指定できる。

任意機能を配置できる「カスタムパネル」

これまで内容が固定だった「アクションパネル」の内容を任意でカスタマイズできるようになった。
編集モードではドラッグによる位置入れ替えも可能。

またカスタムパネル起動ボタンをドラッグすることで、『SwipePad』等と同様に各機能を起動することもできる。

関連情報

Sleipnir Mobile for Android 2.9 をリリースしました!!好きな機能を1ステップにするカスタマイズが可能に!|フェンリル デベロッパーズブログ

apkファイル ダウンロードページ(画面中央「Kindle Fireはこちら」より)

【使い方まとめ】Sleipnir Mobile – ウェブブラウザ : 先進的機能を秘めたブラウザの使用法を徹底解説!|オクトバ







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
Nobuyuki Hamasaki
オクトバのライターです。